野菜をたくさん入れてもらうテクニック

サブウェイのサンドイッチに「野菜をたくさん入れてもらうテクニック」をいくつかご紹介します。

はじめに

サブウェイで「野菜多め」をお願いすると、普通より多く入れてくれますよね。

ただしサブウェイの野菜の増量には、マニュアルによって決められた上限があります。

  • 野菜1種類増量・・・基準量の約2倍
  • 野菜2種類以上増量・・・基準量の約1.5倍

これが基本のルール。

どんなに頑張っても基準量の2倍が限界です。ルール上はそうなってます。

昔はわりとスタッフの裁量だったんですが、最近はこのルールが厳しくなりました。「どこのお店に行っても同じ量でないとクレームが起こる」という理由からです。

まぁたしかにそうですよね。別のお店ではもっと入れてくれた!と言われても困っちゃいますからね。

なので「これ以上は入れられません」と言われたら無理言ってはいけませんヨ。

それを踏まえて、いくつかのテクニックをご紹介。

「野菜上限まで」と言う

野菜の増減を聞かれた時に「野菜多め」ではなく「野菜上限まで入れてください」という方法。これはわりとメジャーな技みたいですね。(私は使ったことないですが)

「多め」だと1.5倍なのに対し、「上限」だと2倍くらい入れてくれるところが多いようです。

他にも「限界まで入れて」とか「できる限り多く」とか、人によって表現はさまざま。恥を捨ててアピールするのが大事です。

笑顔でお願いする

私がいつも使っているのがこの技。店員さんとのやりとりがスタートした時からとにかく笑顔でハキハキと感じよく、サブウェイ大好き感を出していきます。

そして野菜を聞かれたらにこやかに「全部多めでお願いします♪」とひとこと。

店員さんも人間ですからね。ルールはあれど、感じのいいお客さんにはサービスしてあげたくなるってモンです。実際私が働いてる時も、常連さんや「サブウェイ愛」が伝わってくる方には少し多めに入れちゃってました。逆にぶっきらぼうな方には「規定量以上は入れんどこ!」と…(笑)

笑顔で店員さんの野菜増量リミッターをいかに解除できるか。ぜひ試してみてください。意外と効果ありますよ。

追加で「もうちょっと」コール

野菜多めをお願いした後「これくらいでよろしいですか?」と聞いてくれる場合があります。その時に「もうちょっと入れてください」とお願いする方法。

野菜全部ではなく「トマトをもう少し増やして」など、野菜を指定していくと成功しやすいです。好きな野菜に絞って「もうちょっと」コール、お試しあれ。

都会より田舎の店舗へ行く

これは私の体感ですが、都会にある店舗は、野菜の規定量を厳しく守っています。逆に田舎の店舗はわりとゆるい印象。

なので都心や駅前のサブウェイに行くより、ちょっと田舎なショッピングモール内の店舗などの方が「野菜たっぷり」に出会える確率が高くなります。

常連になる

ひとつのお店に通いつめ、常連になってみましょう。店員さんに顔を覚えてもらえば「野菜もうちょっと入れて」などのワガママも聞いてくれるようになります。

野菜の量はかなり店舗差があるように感じるので(ホントは差があっちゃいけないんだけど笑)このお店多く入れてくれるな、と思ったらそこに通うのもありですね。

 

いかがでしたか?

個人的には、笑顔戦法がおすすめです。

「野菜のサブウェイ」を楽しむべく、レッツトライ♪

 

サブウェイの野菜の種類、規定量などをまとめた記事はこちらです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です