サブウェイ カロリー表(サンドイッチ・サラダ・トッピング・ドレッシング・ポテト他)

サブウェイの全メニューのカロリー表です。サンドイッチ・サラダ・トッピング・ドレッシングは低カロリー順に並べ、価格も添えて見やすくしました。

サンドイッチ

サンドイッチのカロリーは、レギュラーサイズ、パンはウィート、ドレッシングが各サンドイッチおすすめのドレッシングの場合です。

品名 カロリー 価格
ベジーデライト 219kcal 300円
ロースハム 263kcal 430円
ターキーブレスト 268kcal 450円
ローストチキン 274kcal 410円
ベジー&チーズ 279kcal 340円
ローストビーフ 287kcal 580円
サブウェイクラブ 295kcal 540円
アボカドベジー 308kcal 390円
生ハム&マスカルポーネ 315kcal 520円
チーズローストチキン 323kcal 490円
えびアボカド 324kcal 490円
BLT 324kcal 410円
ツナ 329kcal 430円
てり焼きチキン 366kcal 490円
ターキーベーコンエッグ 377kcal 490円
たまご 389kcal 390円

サラダ

サラダのカロリーはドレッシング別です。

品名 カロリー 価格
ベジーデライト 22kcal 300円
ターキーブレスト 66kcal 450円
ロースハム 67kcal 430円
ベジー&チーズ 72kcal 340円
ローストチキン 86kcal 410円
サブウェイクラブ 94kcal 540円
ローストビーフ 108kcal 580円
アボカドベジー 101kcal 390円
BLT 112kcal 410円
えびアボカド 116kcal 490円
生ハム&マスカルポーネ 118kcal 520円
チーズローストチキン 150kcal 490円
ツナ 157kcal 430円
てり焼きチキン 179kcal 490円
ターキーベーコンエッグ 165kcal 490円
たまご 216kcal 390円

トッピング

品名 カロリー 価格
えび(5尾) 16kcal 100円
ベーコン(2枚) 48kcal 60円
ナチュラルスライスチーズ(2枚) 50kcal 40円
マスカルポーネチーズ(20g) 51kcal 90円
クリームタイプチーズ(20g) 64kcal 90円
ツナ(1スクープ) 67kcal 80円
アボカド(35g) 78kcal 100円
たまご(1スクープ) 97kcal 60円

 

ドレッシング

サイドメニュー

オーブンポテト

品名 Sサイズ Mサイズ
レギュラー(塩味) 159kcal 282kcal
ピリ辛バーベキュー 162kcal 288kcal
チーズ 163kcal 290kcal
バジル 162kcal 289kcal

スープ

品名 カロリー
コーンクリームチャウダー 115kcal
高原トマトと6種野菜の冷製ミネストローネ 80kcal

スイーツ

クッキー

品名 カロリー
ダブルチョコ 211kcal
メープル&マカデミア 191kcal
キャラメル&チョコチャンク アーモンド入り 210kcal

パウンドケーキ

品名 カロリー
ゆず&サワークリーム 191kcal
にんじん&りんご 189kcal
小松菜&ごま 195kcal

ドリンク

コールドドリンク

品名 S M L
アイスコーヒー 6kcal 7kcal 8kcal
アイスカフェオレ 84kcal 98kcal 113kcal
アイスココア 198kcal
アイスティー 6kcal 7kcal 8kcal
アイスミルク 150kcal 177kcal 204kcal
野菜と果物のジュース 99kcal 117kcal 135kcal
オレンジジュース100% 97kcal 114kcal 132kcal
アイスウーロン茶 1kcal 1kcal 2kcal
メロンソーダ 84kcal 99kcal 114kcal
ジンジャーエール 73kcal 87kcal 100kcal
ペプシコーラ 84kcal 99kcal 114kcal
ペプシネックス 0kcal 0kcal 0kcal

ホットドリンク

品名 S M
ホットコーヒー 5kcal 6kcal
ホットカフェラテ 60kcal 67kcal
ホットココア 150kcal
ホットティー 1kcal
ホットミルクティー 18kcal
ハーブティー 5kcal

フロート(店舗限定メニュー)

品名 カロリー
コーヒーフロート 93kcal
カフェラテフロート 151kcal
コーラフロート 172kcal
クリームソーダ 172kcal
オレンジフロート 176kcal
ココアフロート 286kcal

プレミアムドリンク

コールドドリンク

品名 カロリー
アイスソイラテ 66kcal
アイスカフェモカ 192kcal
アイス抹茶ラテ 197kcal
アイスソイココア 180kcal
ソイマンゴラテ 90kcal
マンゴオレンジジュース 85kcal
マンゴジュース 90kcal

ホットドリンク

品名 カロリー
ホットソイラテ 77kcal
ホットカフェモカ 163kcal
ホット抹茶ラテ 226kcal
ホットソイココア 205kcal

ドリンク回数券について

サブウェイの「ドリンク回数券」についてまとめました。

いつもドリンクセットを頼む人にとっては全然おトクじゃない!?でもおトクにできる裏ワザがありますよ♪

サブウェイのドリンク回数券とは

サブウェイのドリンク回数券は、ドリンク(Sサイズ)5杯を800円で利用できるチケットです。使った分を切り取っていく綴り式ではなく、カード型で使った分の数字に穴を開けていくタイプ。コンパクトにしまえるのが嬉しいですね。

ドリンク回数券のルール

  • 発行店舗のみ有効
  • 使用期限は発行日より6ヶ月間
  • 220円~240円のドリンク(Sサイズ)に利用できる
  • スープ、フロート、スムージー等の店舗限定、季節限定のドリンクは対象外
  • 250円以上のドリンク(S)の場合には、50円追加

発行店舗でしか使えないのと、使用期限があることに注意が必要です。よく行くお店が決まってる人なら使えそうです。

どれくらいおトク?

対象となるドリンクの値段は、220円〜240円。

ドリンク回数券を使うと1杯あたり160円で飲める計算に。

つまり1杯あたり60円〜80円おトクになります。

 

・・・ただし!これはドリンクを単品で頼んだ場合です。

 

サンドイッチやサラダに付けられる「ドリンクセット」の値段は160円。

セットにしても、回数券を使っても、同じ160円。意味ないやーーーん!!!

サブウェイでいつもサンドイッチを食べる人は、ドリンクチケットを買っても意味なしです。

カフェ代わりにドリンクのみ利用をする人にとってはおトクですね。

ドリンク回数券をセットより安くする裏ワザ

サブウェイの「サブクラブカード」とは

サブウェイの「サブクラブカード」について詳しくご紹介します。
チャージ時と支払い時、ダブルで得する便利なカード。サブウェイファンなら持つべしヽ(=´▽`=)ノ

サブクラブカードとは

サブウェイで使える「サブクラブカード」は、チャージ式のプリペイドカード。サブクラブカードといえば昔はスタンプカード形式だったのですが、時代の流れとともに現在はプリペイド式になりました。

サブクラブカードは「ただチャージして支払えるカード」というだけではありません。大きく2つのおトクサービスがあります。

  1. チャージ時にボーナスが付く
  2. 支払い時にポイントが付く

チャージ時にボーナスがつく

サブクラブカードにチャージすると、チャージ金額に応じてボーナスが付与されます。チャージ金額が多いとボーナスの割合も多くなる仕組み。

ボーナスの額は

  • 1000円チャージ → 3%(30円)
  • 3000円チャージ → 4%(120円)
  • 5000円チャージ → 5%(250円)

1000円チャージすると、チャージ金額はボーナスが追加された1030円となります。5000円チャージすると5250円。5%はデカイ。お財布に余裕がある時は、5000円チャージするのが一番おトクってことですね!

なお、チャージ時のボーナスは、この後説明する「ポイント」としてではなく、現金のチャージ額として付与されます。チャージした後すぐ使えるのが嬉しいですね。

支払い時にポイントが付く

サブクラブカードを使って支払うと、支払額に応じてポイントが付きます。ポイントはサブウェイ公式サイトから手続きをすると、1ポイント=1円として使うことができます。

ポイントは通常、100円で1ポイント付きます。支払額の1%がポイントになるわけです。

さらに

  • メール会員に登録するとポイント2倍
  • 5が付く日(5日・15日・25日)はポイント5倍

と、通常よりたくさんポイントが付くことに。メール会員に登録していて、5の付く日に行くとなんと「支払額の10%」がポイントになりますよ!実質1割引に近い。これはおトク!!

サブクラブカードの作り方

サブクラブカードを作るのはとっても簡単。カウンターで「サブクラブカードください」と言うだけです。最初に1000円以上のチャージが必要ですが、名前や住所などを書く手間はなく、手数料も無料!
サブウェイに定期的に行く人なら、持っておいて損はないカードです。

サブクラブカード Q&A

カードの残高はどうやって確認できる?

チャージ時または支払い時のレシートで確認できます。また、サブウェイ公式サイトの残高照会ページでも確認できます。

カードに有効期限はある?

有効期限は最終ご利用日から2年間です。2年を過ぎると残高の有無にかかわらずカードは無効となります。

カードのチャージ額に上限はある?

チャージの限度額は2万円までとなっています。

サブウェイ全店で使えるの?

サブクラブカード取扱店でのみ使えます。ほぼ全店ですが、ごく一部使えない店舗もあるようです。

クレジットカードでチャージできる?

チャージは現金のみです。クレジットカードでのチャージはできません。

サブウェイのモーニング(店舗限定)

店舗限定で実施している、サブウェイのモーニングについてご紹介します。

サブウェイのモーニングとは

サブウェイでは、モーニングを一部店舗限定で実施しています。モーニングを実施しているお店はかなり少ないです。全体の3割程度でしょうか。都内の店舗の方が多いようです。

サブウェイのモーニングの内容

サブウェイのモーニングは、他の時間帯で作るサンドイッチと大きく違っています。

一番の違いは「大きさ」。

通常のレギュラーサイズのサンドイッチは、1本のパン(フットロングの長さ)の半分であるのに対し、モーニングのサンドイッチは「フットロングの3分の1」の長さです。レギュラーサイズと比べると3分の2の大きさってことですね。小さめサイズで朝ごはんにも食べやすい。

 

そして「具材」も違います。

サブウェイモーニング メニュー表

メニュー名 ドリンクSセット価格 単品価格
オムレツ&ベーコン 360円 260円
ハム&たまご 340円 240円
ツナ&チーズ 340円 240円

モーニングメニュー3種類は、通常のメニューにはないサンドイッチです。「ハム&たまご」「ツナ&チーズ」はトッピングすれば作れますが、「オムレツ&ベーコン」のオムレツはモーニングのみ。モーニングでしか食べられない具材があるなんてちょっと面白いですね。

モーニングのサンドイッチは単品価格に100円プラスすると「ドリンク(S)」をセットにできます。通常のドリンクSセットは160円なので、モーニングの方がおトク!

 

最後に「野菜」です。

サブウェイのサンドイッチには通常、6種類の野菜が入りますが、モーニングのサンドイッチは「レタスとトマト」のみです。ちょっとさみしいけど、具材の味を楽しめると思えばありかもですね。

サブウェイのモーニングの時間帯

サブウェイのモーニングの時間帯は、OPEN〜10:30の間。この時間帯は、モーニングメニュー以外のサンドイッチも注文できます。ただしポテトは10:30以降の販売のため、「ポテト以外」となります。

サブウェイのモーニングを食べてみた(更新予定)

サブウェイのモーニングを食べてみました!

・・・と書きたいところなんですが。

私の住む埼玉県には、モーニング実施店舗が狭山の1店舗しかなく。。

ちょっと遠いですが今度行けたら行ってみます。都内の方が行きやすそう(^o^;)

 

これだけじゃなんなので、サブウェイモーニングの思い出。

私がアルバイトをしていたお店は、モーニングを実施していました。当時は今とは少しメニューが違って、「ハム&チーズ」「ツナ&チーズ」「たまご&チーズ」だったかな。野菜も(記憶が曖昧

その後、サブウェイのモーニングは内容がいろいろ変わって

  • ブランパンを使った「ブランモーニングセット」
  • フラットブレッドを使った「サブモーニングセット」

などもありました。結局今は普通のパンに戻ったんですね。

 

ちょっと小さめのモーニング限定サンドイッチ、実施店舗に出会えたらぜひ試してみてください♪

日替わりセット・平日限定お得セット(旧:得サブ)

日替わりサンドイッチのセットがワンコイン500円で食べられる!
サブウェイの「日替わりセット」と「平日限定お得セット」について詳しく解説します。

日替わりセットと平日限定セット

サブウェイは、お得な「日替わりセット」「平日限定お得セット」を実施しています。

以前は「得サブ」と呼ばれ全店共通だったものが、現在は名前が変わり一部店舗限定になりました。

店舗によって

  • 「日替わりセット」を実施している店
  • 「平日限定お得セット」を実施している店
  • どちらも実施していない店

の3パターンがあります。

サブウェイ公式サイトの店舗一覧から、店舗ごとの実施状況を確認できます。

平日限定お得セット

平日限定お得セットは、月〜金それぞれに対象サンドイッチが1つ割り振られ、ドリンクやポテトとセットでお得に購入できるシステムです。平日のみで、土日と祝祭日は実施していません

2017年現在の「平日限定お得セット」の日替わりメニューと値段は以下のとおり。

セット価格

  • Aセット(日替わりサンドイッチ+ドリンクS) 500円
  • Bセット(日替わりサンドイッチ+ポテトS) 500円
  • Cセット(日替わりサンドイッチ+ドリンクS+ポテトS) 660円

日替わりサンドイッチ

  • 月曜:ロースハム
  • 火曜:たまご
  • 水曜:ローストチキン
  • 木曜:ツナ
  • 金曜:BLT

つまり、日替わりサンドイッチとドリンク(またはポテト)がワンコインで食べられるんです!

どれくらいおトクか計算してみると…

  • (月)ロースハム 90円引き
  • (火)たまご 50円引き
  • (水)ローストチキン 70円引き
  • (木)ツナ 90円引き
  • (金)BLT 70円引き

通常価格より、50円〜90円安く食べられる計算に!

特に月曜と木曜はおトク率が高いですね。

追加料金払えばトッピングもOKなので、浮いたお金でちょっと豪華にカスタマイズするのもありですよ♪

日替わりセット

日替わりセットは、「平日限定お得セット」と内容はほぼ同じです。違いは、土日祝日も実施していること。

対象サンドイッチは以下のとおりです。

セット価格

  • Aセット(日替わりサンドイッチ+ドリンクS) 500円
  • Bセット(日替わりサンドイッチ+ポテトS) 500円
  • Cセット(日替わりサンドイッチ+ドリンクS+ポテトS) 660円

日替わりサンドイッチ

  • 月曜:ロースハム
  • 火曜:たまご
  • 水曜:ローストチキン
  • 木曜:ツナ
  • 金曜:BLT
  • 土曜:ツナ
  • 日曜:たまご

土曜は木曜と同じ「ツナ」、日曜は火曜と同じ「たまご」です。

週末しかサブウェイに行けない人にとっては、毎日やってる「日替わりセット」の方が嬉しいですね。

店舗数を比べると、若干「平日限定お得セット」を実施しているお店の方が多いよう。最寄りの店舗が「日替わりセット」を実施していたらラッキーです!

おトクに食べる方法は他にもある!

近くの店舗がどちらも実施してなくてがっかり〜。とお思いのあなた。

日替わりセットや平日限定お得セットじゃなくても、サブウェイをおトクに楽しむ方法はたくさんあります。

おすすめはクーポン。サンドイッチのセットが60円〜120円安くなって、日替わりよりおトクな場合もありますよヽ(=´▽`=)ノ

クーポンについて詳しくは別記事にまとめました。

サブウェイのクーポン・割引券一覧

サブウェイのクーポンや割引についてご紹介します。一番おトクなクーポンはどれだ!?

サブウェイのクーポン一覧

サブウェイのクーポンにはいくつか種類があります。

  • 携帯メール会員のクーポン
  • 店頭で配布している紙のクーポン
  • Yahoo!プレミアムのクーポン
  • dポイントクラブのクーポン

順番に見ていきましょう。

携帯メール会員のクーポン

誰でも無料で登録できて、一番手軽なクーポンです。

サブウェイのメール会員に登録すると、定期的に(月2〜3回)メールマガジンが届き、キャンペーンや新メニューの情報と、お得なクーポンをGETすることができます。

内容は

  • 「サンドイッチ+ドリンクまたはポテト」が通常価格の60円引き
  • 「サンドイッチ+ドリンク+ポテト」が通常価格の120円引き
  • スープやフロートの単品割引(50円引き) など

対象メニューはそのメールごとに変わり、それぞれ期間が設定されています。
「えびアボカド」と「チーズローストチキン」が安くなるクーポン…といった風に、1メールにサンドイッチ2種類のことが多いですね。
常に全メニュー割引ってワケではないですが、食べたいメニューがちょうどあれば使えます!

登録はサブウェイ公式サイトから。

https://www.subway.co.jp/info/mailmagazine/

店頭で配布している紙のクーポン

サブウェイで買い物をすると、お会計の時にクーポンを貰えることがあります。

値引き額はメールクーポンと同じく

  • サンドイッチ+ドリンクで通常価格より60円引き

などです。いつでも使えるように財布に入れておけるのが便利ですね。

紙のクーポンは、新しいキャンペーンメニューが始まった時に合わせて配布することが多いです。新メニューが出たらすぐお店に行ってみるといいですよ♪

Yahoo!プレミアムのクーポン

Yahoo!プレミアムは、Yahoo!の月額会員制プログラムです。Yahoo!ショッピングのポイントが5倍付いたり、ヤフオクが使い放題になったりします。ヤフオクをよく利用する人は自然と会員になってるかも?

Yahoo!プレミアムの会員専用サイトには、飲食店のクーポンがたくさんあり、その中にサブウェイも入っているんですね。

気になる値引き額はメールクーポンと同じく

  • 「サンドイッチ+ドリンクまたはポテト」が通常価格の60円引き
  • 「サンドイッチ+ドリンク+ポテト」が通常価格の120円引き
  • スープやフロートの単品割引(50円引き) など

ただし、対象のサンドイッチがメール会員とは異なっているので、両方入っていると選択肢が広がります。

サブウェイのクーポン目当てにわざわざ入るほどではないですが、ヤフオクやYahoo!ショッピングをよく使う方なら入って損はないと思います。

dポイントクラブのクーポン

dポイントクラブは、ドコモが運営するサービス。ドコモの携帯電話を持っていなくても「dポイントカード」は作れるんです。しかも入会金・年会費無料!
私はドコモの携帯じゃないから無縁…と思ってたんですが調べてみて誰でも作れると分かり、今ちょっとびっくりしています(笑)

dポイントクラブの会員ページから、サブウェイのクーポンをGETすることができます。(なお、サブウェイ店舗でdポイントを貯めたり使ったりすることはできません)

内容はというと

  • 「サンドイッチ+ドリンクまたはポテト」が通常価格の60円引き
  • 「サンドイッチ+ドリンク+ポテト」が通常価格の120円引き
  • スープやフロートの単品割引(50円引き) など

Yahoo!プレミアム会員と全く同じ。対象メニューも一緒でした。

Yahoo!プレミアムとdポイントクラブは、どちらかひとつ入っていれば良さそうですね。

 

こうして見てみると、サブウェイのクーポンをGETするには、まずは無料のメール会員から登録するのがおすすめです!

クーポン以外の割引

クーポン以外にも、サブウェイをお得に利用する方法はまだまだあります。

それぞれの紹介はリンク先をどうぞ。(一部執筆中…)

野菜をたくさん入れてもらうテクニック

サブウェイのサンドイッチに「野菜をたくさん入れてもらうテクニック」をいくつかご紹介します。

はじめに

サブウェイで「野菜多め」をお願いすると、普通より多く入れてくれますよね。

ただしサブウェイの野菜の増量には、マニュアルによって決められた上限があります。

  • 野菜1種類増量・・・基準量の約2倍
  • 野菜2種類以上増量・・・基準量の約1.5倍

これが基本のルール。

どんなに頑張っても基準量の2倍が限界です。ルール上はそうなってます。

昔はわりとスタッフの裁量だったんですが、最近はこのルールが厳しくなりました。「どこのお店に行っても同じ量でないとクレームが起こる」という理由からです。

まぁたしかにそうですよね。別のお店ではもっと入れてくれた!と言われても困っちゃいますからね。

なので「これ以上は入れられません」と言われたら無理言ってはいけませんヨ。

それを踏まえて、いくつかのテクニックをご紹介。

「野菜上限まで」と言う

野菜の増減を聞かれた時に「野菜多め」ではなく「野菜上限まで入れてください」という方法。これはわりとメジャーな技みたいですね。(私は使ったことないですが)

「多め」だと1.5倍なのに対し、「上限」だと2倍くらい入れてくれるところが多いようです。

他にも「限界まで入れて」とか「できる限り多く」とか、人によって表現はさまざま。恥を捨ててアピールするのが大事です。

笑顔でお願いする

私がいつも使っているのがこの技。店員さんとのやりとりがスタートした時からとにかく笑顔でハキハキと感じよく、サブウェイ大好き感を出していきます。

そして野菜を聞かれたらにこやかに「全部多めでお願いします♪」とひとこと。

店員さんも人間ですからね。ルールはあれど、感じのいいお客さんにはサービスしてあげたくなるってモンです。実際私が働いてる時も、常連さんや「サブウェイ愛」が伝わってくる方には少し多めに入れちゃってました。逆にぶっきらぼうな方には「規定量以上は入れんどこ!」と…(笑)

笑顔で店員さんの野菜増量リミッターをいかに解除できるか。ぜひ試してみてください。意外と効果ありますよ。

追加で「もうちょっと」コール

野菜多めをお願いした後「これくらいでよろしいですか?」と聞いてくれる場合があります。その時に「もうちょっと入れてください」とお願いする方法。

野菜全部ではなく「トマトをもう少し増やして」など、野菜を指定していくと成功しやすいです。好きな野菜に絞って「もうちょっと」コール、お試しあれ。

都会より田舎の店舗へ行く

これは私の体感ですが、都会にある店舗は、野菜の規定量を厳しく守っています。逆に田舎の店舗はわりとゆるい印象。

なので都心や駅前のサブウェイに行くより、ちょっと田舎なショッピングモール内の店舗などの方が「野菜たっぷり」に出会える確率が高くなります。

常連になる

ひとつのお店に通いつめ、常連になってみましょう。店員さんに顔を覚えてもらえば「野菜もうちょっと入れて」などのワガママも聞いてくれるようになります。

野菜の量はかなり店舗差があるように感じるので(ホントは差があっちゃいけないんだけど笑)このお店多く入れてくれるな、と思ったらそこに通うのもありですね。

 

いかがでしたか?

個人的には、笑顔戦法がおすすめです。

「野菜のサブウェイ」を楽しむべく、レッツトライ♪

 

サブウェイの野菜の種類、規定量などをまとめた記事はこちらです。

セットメニュー(ドリンク・ポテト・スープ)

サブウェイのお得なセットメニューについてご紹介します。

サブウェイのセットは3種類

サブウェイのセットメニューは「ドリンクセット」「ポテトセット」「スープセット」の3つがあります。

セットメニュー 価格 サイズアップ
ドリンク(S)セット 160円 M→+50円、L→+100円
ポテト(S)セット 160円 M→+80円
スープセット 320円

ドリンクセット

サンドイッチにドリンク(S)を付けたい場合、プラス160円でドリンクセットにできます。
サイズアップもOK。Mサイズだと210円、Lサイズだと260円になります。(ドリンクによってM、Lがないものもあります)

これは基本のドリンクの場合。

店舗限定でやっている「プレミアムドリンク」をセットにしたい場合は、ドリンクセット+50円、つまり210円になります。(プレミアムドリンクはSサイズのみ。)

また、フロートはセットになりません

ポテトセット

サンドイッチと一緒にポテトを食べたい場合、プラス160円でポテトセットにできます。

こちらもサイズアップOK。Mサイズだと240円になります。(ポテトはMサイズまで)

ここでポテトセットの裏ワザ。

  • Sサイズのポテト=約90g
  • Mサイズのポテト=約160g

MポテトはSポテトの約1.8倍の量が入っています。

なのに値段は1.5倍。Mポテトの方がおトク!

ふたりでサブウェイへ行ってポテトを食べるなら(同じフレーバーで良いのなら)ひとりがポテトMセットを付けてシェアした方がちょっとおトクです(・∀・)

スープセット

サンドイッチにスープを付けたい場合、プラス320円でスープセットにできます。(スープはワンサイズです)

スープは常時だいたい2種類あり

のふたつです。

コーンクリームチャウダーは昔からある定番メニュー。コーンとジャガイモたっぷりで美味しいですよ♪

セットって複数つけられるの?

※サイドメニューは最大3種類まで組み合わせが可能です。
ただし、同種のサイドメニューを重複してのご注文はできません。

サブウェイ公式ページにこう注意書きがありました。

つまり

  • ひとつのサンドイッチに「ドリンク・ポテト・スープ」の3つをセットで付けることはできる。
  • 「ひとつのサンドイッチにドリンクセット2つ」などはできない。(1つは単品価格)

まぁ当たり前な気がしますが、ふたりでサンドイッチ1つをシェア、ドリンクは2つ…って場合はひとりは単品価格のドリンクだよ。ってことです。

ひとりでサンドイッチ1つにポテトとドリンクを付けたい場合「ドリンクセット&ポテトセット」で+320円払えばOK。