ハロウィン限定!サブウェイのかぼちゃを使ったサンドイッチ「生ハム&パンプキン」(10/1〜31)

サブウェイ初の「ハロウィンメニュー」が発売決定!

メニュー名は「生ハム&パンプキン」。販売期間は2017年10月1日〜10月31日です。

なんと、パンにも具材にもかぼちゃを使った、かぼちゃづくしのサンドイッチだそうですよヽ(=´▽`=)ノ

 

2017.10.10追記

食べてみた記事をUPしました!

サブウェイでハロウィン!

サブウェイのHPを見ていたら、こんな新情報が!

日本サブウェイ株式会社(本社:東京都品川区)が展開するサンドイッチ・チェーン『サブウェイ』は、2017年10月1日(日)~31日(火)の期間、全国のサブウェイ店舗(一部店舗を除く)にて、サブウェイ初のハロウィーンメニューとなる「生ハム&パンプキン」を発売します。 また同期間中には、14年ぶりとなるパンの新トッピングメニュー、かぼちゃの種を使用した「パンプキンシード」を展開します。

 

ザクザク食感の「パンプキンシード」のパンと、ゴロゴロ大きなかぼちゃが入った「パンプキンサラダ」。
それぞれの素材の食感を楽しめる、ハロウィーンの季節にぴったりのサンドイッチが新登場。
これ、間違いなくおいしいでしょ・・・!かぼちゃサラダに生ハムって家でたまにやるんですよね。かぼちゃの甘さと生ハムの塩気がすごく合う。おすすめドレッシングはバルサミコソースだそうで、これまた合う予感。

今回特別なのは、新しいパンが出るってことですね。表面にトッピングする系のパンはハニーオーツとセサミだけでしたが、「かぼちゃの種」をトッピングしたパンがこの時期だけ食べられる。サブウェイファンにはたまらない情報です。他のサンドイッチにも試してみたい。

生ハム&パンプキン 基本情報

具材(6種の野菜以外) 生ハム+パンプキンサラダ
おすすめパン パンプキンシード
おすすめのドレッシング バルサミコソース
価格(レギュラーサイズ) 520円
カロリー 406kcal

生ハム&パンプキンに入る野菜は「レタス・トマト・ピーマン・オニオン」の4種類。ピクルスとオリーブは入らないんですね。好みで追加もOKだそうです。
確かにピクルスはあんまり合わなそう。オリーブは個人的に合うと思うので追加したいなー。

トッピングで「パンプキンサラダ」(90円)も登場します。
他のサンドに入れてみたい。何がいいだろう。チーズローストチキンとか合う気がする!

ハロウィン限定サブラップ

最近恒例になってる「期間限定サブラップ」。サブラップとはサンドイッチを包むペーパーのことです。この前のタンドリーチキンの時は「ウォーリーサブラップ」ありましたよね♪

今回はハロウィン限定、ジャックオーランタンをデザインしたサブラップだそうです。
インスタ映え狙ってる感じ!すごく面白そう!!

 

サブウェイ初のハロウィンサンドイッチ、発売が楽しみです(*^^*)

ターキーブレストを食べてみた感想(おすすめドレッシング、トッピング)

サブウェイのサンドイッチメニューから「ターキーブレスト」を食べてみた感想と、おすすめドレッシング、おすすめトッピング、カロリーなどの情報をまとめました。

低カロリー・高タンパクのターキーハムがたっぷり入ったヘルシーサンド。そのままさっぱりと食べるも良し、カスタマイズして楽しむも良し。いろんな食べ方ができていいですよ♪

ターキーブレストとは

ターキーブレスト 基本データ

具材(6種の野菜以外) ターキーハム4枚
おすすめパン ウィート
おすすめのドレッシング バルサミコソース
価格(レギュラーサイズ) 450円

サブウェイの「ターキーブレスト」は、低脂質な七面鳥の胸肉を使ったハムを具材とするサンドイッチ。高タンパク・低カロリーで、サブウェイNo.1といっていいヘルシーメニューです。初期の頃はターキーハムが3枚だったのですが、最近4枚に変わったようです。「ロースハム」は今も3枚なので、値段を上げて差別化したのかも。

おすすめドレッシングは甘酸っぱいバルサミコソース。あっさり味のターキーハムは、他のどのドレッシングとも相性が良いですよ。いろいろ試してみましょう。

価格は450円。サブウェイのメニューの中ではちょうど中間くらいの値段です。

ターキーブレストを食べてみた感想

今回は、パンはおすすめのウィート、野菜は全部多め、ドレッシングはおすすめのバルサミコソースでお願いしてみました。

色白なターキーハムがたっぷり。バルサミコソースは炒め玉ねぎが入っているのでとろみがありますね。

しっとりしてやや厚みのあるターキーハムがおいしい!七面鳥って日本ではあまり見かけないですよね。アメリカ発祥のサブウェイならでは。
バルサミコソースは甘酸っぱく爽やかなお味。塩気はほとんどないのですが、ターキーハムの塩分と合わさってちょうどよくなります。
具材もドレッシングもさっぱり味で、これぞヘルシーサンドといった印象。女性人気が高いのも頷けます。

比較的なんでも合うシンプルな味なので、ドレッシングやトッピングで変化をつけるとまた新しいサンドイッチが生まれますよ♪

ターキーブレストのカロリーは?

サンドイッチ「ターキーブレスト」のカロリー

268kcal です。(レギュラーサイズ、パンがウィート、ドレッシングがおすすめの場合)

ベジーデライト、ロースハムに次ぎ3番目に低カロリーなサンドイッチです。食べ応えは十分でダイエットにおすすめ!

ターキーブレストのおすすめカスタマイズは?

元サブウェイ店員がおすすめする、ターキーブレストのおすすめカスタマイズは

アボカドをトッピング、ドレッシングはわさび醤油、バジルソース、シーザーなど

です。

さっぱりターキーにまろやかなアボカドはすごく合います。ドレッシングはお好みで!

他にもたまごトッピングやベーコントッピング、チーズもいいですよ。ターキーブレストはカスタマイズ自在で楽しいです(*´∀`*)

サブウェイ カロリー表(サンドイッチ・サラダ・トッピング・ドレッシング・ポテト他)

サブウェイの全メニューのカロリー表です。サンドイッチ・サラダ・トッピング・ドレッシングは低カロリー順に並べ、価格も添えて見やすくしました。

サンドイッチ

サンドイッチのカロリーは、レギュラーサイズ、パンはウィート、ドレッシングが各サンドイッチおすすめのドレッシングの場合です。

品名 カロリー 価格
ベジーデライト 219kcal 300円
ロースハム 263kcal 430円
ターキーブレスト 268kcal 450円
ローストチキン 274kcal 410円
ベジー&チーズ 279kcal 340円
ローストビーフ 287kcal 580円
サブウェイクラブ 295kcal 540円
アボカドベジー 308kcal 390円
生ハム&マスカルポーネ 315kcal 520円
チーズローストチキン 323kcal 490円
えびアボカド 324kcal 490円
BLT 324kcal 410円
ツナ 329kcal 430円
てり焼きチキン 366kcal 490円
ターキーベーコンエッグ 377kcal 490円
たまご 389kcal 390円

サラダ

サラダのカロリーはドレッシング別です。

品名 カロリー 価格
ベジーデライト 22kcal 300円
ターキーブレスト 66kcal 450円
ロースハム 67kcal 430円
ベジー&チーズ 72kcal 340円
ローストチキン 86kcal 410円
サブウェイクラブ 94kcal 540円
ローストビーフ 108kcal 580円
アボカドベジー 101kcal 390円
BLT 112kcal 410円
えびアボカド 116kcal 490円
生ハム&マスカルポーネ 118kcal 520円
チーズローストチキン 150kcal 490円
ツナ 157kcal 430円
てり焼きチキン 179kcal 490円
ターキーベーコンエッグ 165kcal 490円
たまご 216kcal 390円

トッピング

品名 カロリー 価格
えび(5尾) 16kcal 100円
ベーコン(2枚) 48kcal 60円
ナチュラルスライスチーズ(2枚) 50kcal 40円
マスカルポーネチーズ(20g) 51kcal 90円
クリームタイプチーズ(20g) 64kcal 90円
ツナ(1スクープ) 67kcal 80円
アボカド(35g) 78kcal 100円
たまご(1スクープ) 97kcal 60円

 

ドレッシング

サイドメニュー

オーブンポテト

品名 Sサイズ Mサイズ
レギュラー(塩味) 159kcal 282kcal
ピリ辛バーベキュー 162kcal 288kcal
チーズ 163kcal 290kcal
バジル 162kcal 289kcal

スープ

品名 カロリー
コーンクリームチャウダー 115kcal
高原トマトと6種野菜の冷製ミネストローネ 80kcal

スイーツ

クッキー

品名 カロリー
ダブルチョコ 211kcal
メープル&マカデミア 191kcal
キャラメル&チョコチャンク アーモンド入り 210kcal

パウンドケーキ

品名 カロリー
ゆず&サワークリーム 191kcal
にんじん&りんご 189kcal
小松菜&ごま 195kcal

ドリンク

コールドドリンク

品名 S M L
アイスコーヒー 6kcal 7kcal 8kcal
アイスカフェオレ 84kcal 98kcal 113kcal
アイスココア 198kcal
アイスティー 6kcal 7kcal 8kcal
アイスミルク 150kcal 177kcal 204kcal
野菜と果物のジュース 99kcal 117kcal 135kcal
オレンジジュース100% 97kcal 114kcal 132kcal
アイスウーロン茶 1kcal 1kcal 2kcal
メロンソーダ 84kcal 99kcal 114kcal
ジンジャーエール 73kcal 87kcal 100kcal
ペプシコーラ 84kcal 99kcal 114kcal
ペプシネックス 0kcal 0kcal 0kcal

ホットドリンク

品名 S M
ホットコーヒー 5kcal 6kcal
ホットカフェラテ 60kcal 67kcal
ホットココア 150kcal
ホットティー 1kcal
ホットミルクティー 18kcal
ハーブティー 5kcal

フロート(店舗限定メニュー)

品名 カロリー
コーヒーフロート 93kcal
カフェラテフロート 151kcal
コーラフロート 172kcal
クリームソーダ 172kcal
オレンジフロート 176kcal
ココアフロート 286kcal

プレミアムドリンク

コールドドリンク

品名 カロリー
アイスソイラテ 66kcal
アイスカフェモカ 192kcal
アイス抹茶ラテ 197kcal
アイスソイココア 180kcal
ソイマンゴラテ 90kcal
マンゴオレンジジュース 85kcal
マンゴジュース 90kcal

ホットドリンク

品名 カロリー
ホットソイラテ 77kcal
ホットカフェモカ 163kcal
ホット抹茶ラテ 226kcal
ホットソイココア 205kcal

コーンクリームチャウダーを食べてみた感想

サブウェイのサイドメニューから「コーンクリームチャウダー」を食べてみました。

コーンの甘みが生きた優しいお味のクリームスープ。身体が温まりますよ♪

コーンクリームチャウダーとは

コーンクリームチャウダー 基本データ

コーンクリームチャウダー 価格
単品 360円
スープセット 320円

サブウェイのサイドメニュー「スープ」の定番商品といえば「コーンクリームチャウダー」。
スープは常時2種類で、ひとつは通年ある「コーンクリームチャウダー」、もうひとつは季節のスープというラインナップになります。

価格は単品360円。スープセットは320円。セットにすると40円おトク。

 

公式サイトのコーンクリームチャウダーの説明にはこう書かれていました。

「ゆで汁ごとすり潰して甘みを引き出したコーンにブイヨンを合わせた、クリーミーでまろやかなスープです。大きめに切った、たまねぎ・にんじん・ベーコンを炒め、最後にコーン・じゃがいもを優しく煮込んで野菜の旨みを引き出しました。」

 

 

コーンクリームチャウダーを食べてみた感想

野菜が描かれた可愛らしいカップに入ってきます。今回はイートインでしたが、フタしっかり閉まるのでテイクアウトも安心。

スープは淡い黄色をしています。コーンの色ですね。

中には粒コーン、角切りのじゃがいも、人参、たまねぎなど野菜がたっぷり。ベーコンも少し入ってました。

コーンの自然な甘さが引き立ったクリームスープ。久々に食べたら昔とかなり変わった感じがしました。前はもっと色が白かったですが、コーンスープに近い黄色になったんですね。お味もコーンスープとクリームシチューの中間といったところ。お子さまでも食べやすい優しい味でおいしかった!軽くとろみがあるので身体が温まり、寒い日にぴったりです♪

コーンクリームチャウダーのカロリーは?

「コーンクリームチャウダー」のカロリー

115kcal です。

具だくさんで食べ応えがあるわりに低カロリー。さすがサブウェイさんです!

ツナサンドを食べてみた感想(おすすめドレッシング、トッピング)

サブウェイのメニューから「ツナ」のサンドイッチを食べてみた感想と、おすすめドレッシング、おすすめトッピング、カロリーなどの情報をまとめました。

旨味のあるツナにマイルドなマヨネーズ。ほっこり安心するお味の定番サンドです。ドレッシングでいろいろアレンジできますよ!

ツナとは

ツナ 基本データ

具材(6種の野菜以外) ツナ2スクープ
おすすめパン セサミ
おすすめのドレッシング こしょう
価格(レギュラーサイズ) 430円

サブウェイの「ツナ」は、マヨネーズで和えたツナを具材にしたサンドイッチ。昔からある定番メニューだったのですが、あまり人気がない時期があり、一度レギュラーメニューから外れました。その後2015年にリニューアルして復活!目立たないけど地味においしい、コアなファンが多い商品ですよ♪

おすすめのドレッシングは「こしょう」です。…ドレッシングというより味付けですね(^o^;)
ツナはそれ自体に味が付いているため、こしょうのみかけるのがおすすめだそうです。ちなみにリニューアル前のおすすめは「オイル&ビネガー・塩こしょう」でした。野菜多めにする場合などは、好きなドレッシングをかけてもらった方が薄くならずにおいしいと思います。

価格は430円。基本のベジーデライトにツナ2スクープをトッピングすると460円になるので、それより30円安い設定にしてあるんですね。

ツナを食べてみた感想

今回は、パンはおすすめのセサミ、ドレッシングはオイル&ビネガー・塩こしょうでお願いしてみました。

ツナの旨みとマヨネーズのまろやかさ、少し入ったオニオンがアクセントでおいしい!

素朴で老若男女問わず食べやすいサンドイッチですね。オイル&ビネガーをかけるとサッパリ味でいい感じ。バジルソースやハニーマスタードなんかも合います。

ツナのカロリーは?

サンドイッチ「ツナ」のカロリー

329kcal です。(レギュラーサイズ、パンがウィート、ドレッシングがおすすめの場合)

マヨネーズを使っているわりに低カロリー。えびアボカドやBLTとほぼ同じカロリーです。

ツナのおすすめカスタマイズは?

元サブウェイ店員がおすすめする、ツナのおすすめカスタマイズは

えびとスライスチーズをトッピング、ドレッシングはわさび醤油 or バジルソース

です。

えびをトッピングすればシーフードサンドに!さらにスライスチーズでコクを出すと最高。

ドレッシングは和風にするならわさび醤油、辛いのが苦手な方はバジルソースでお試しを♪

チーズローストチキンを食べてみた感想(おすすめドレッシング、トッピング)

サブウェイのサンドイッチメニューから「チーズローストチキン」を食べてみた感想と、おすすめドレッシング、おすすめトッピング、カロリーなどの情報をまとめました。

濃厚クリーミーなチーズがとろけて美味しい!チーズ好きにおすすめのサンドイッチです。

チーズローストチキンとは

チーズローストチキン 基本データ

具材(6種の野菜以外) クリームタイプチーズ+ローストチキン
おすすめパン ハニーオーツ
おすすめのドレッシング なし
価格(レギュラーサイズ) 490円

サブウェイの「チーズローストチキン」は、クリームタイプチーズとローストチキンを挟んだサンドイッチ。濃厚なチーズとあっさりローストチキンのバランスが絶妙。チーズ好きな女性に特に人気があります。クリームチーズはトーストするととろけて美味しさアップ。イートインの場合はぜひトーストしてみましょう♪

チーズの塩味がしっかりしているので、ドレッシングはかけないのがおすすめとなっています。ですが、野菜多めにした時などはドレッシングなしだとちょっと薄味に。好みで好きなドレッシングをかけた方が美味しいです。

チーズローストチキンの値段は490円。チーズの入らない「ローストチキン」は410円で、それに「クリームタイプチーズ」90円をトッピングした値段より10円安くなっています。

チーズローストチキンを食べてみた感想

パンはおすすめのハニーオーツ、野菜は全部多め、ドレッシングはバジルソースでお願いしてみました。普段はトースト無し派なんですが、チーズローストチキンはトーストありで!

トーストの場合、チーズをのっけてから焼くのが普通だと思ってたんですが…今回の店員さんはチーズ後のせでした…マニュアル変わった??とろーり感がイマイチになってしまいました、次回確認してみよう!

ローストチキン、けっこうたっぷり入ってます。

クリーミーでコクのあるチーズが美味しい!このクリームチーズだけ売ってほしいくらい、個人的に好きな味です。そこに合わせるローストチキンはあっさりしていて本当にバランスが良いですね。重すぎず食べやすい。野菜多めにしたので、ドレッシングありにしてみました。バジルソース、すごく合いますよ。他にはハニーマスタード野菜クリーミードレッシングなども相性が良いです。

チーズが好きな人におすすめしたい、そしてぜひイートイントーストありで食べてほしい、管理人イチオシのサンドイッチです(*´∀`*)

チーズローストチキンのカロリーは?

サンドイッチ「チーズローストチキン」のカロリー

323kcal です。(レギュラーサイズ、パンがウィート、ドレッシングがおすすめの場合)

チーズローストチキンのおすすめカスタマイズは?

元サブウェイ店員がおすすめする、チーズローストチキンのおすすめカスタマイズは

ベーコンとたまごをトッピング、ドレッシングはバジルソース

です。

ベーコンをプラスすると、コクと香ばしさが増してガツンと食べ応えのあるサンドイッチに。さらに予算があれば「たまご」を入れるとまろやかでおいしいですよ。ドレッシングはぜひバジルソースでお試しあれ!

ドリンク回数券について

サブウェイの「ドリンク回数券」についてまとめました。

いつもドリンクセットを頼む人にとっては全然おトクじゃない!?でもおトクにできる裏ワザがありますよ♪

サブウェイのドリンク回数券とは

サブウェイのドリンク回数券は、ドリンク(Sサイズ)5杯を800円で利用できるチケットです。使った分を切り取っていく綴り式ではなく、カード型で使った分の数字に穴を開けていくタイプ。コンパクトにしまえるのが嬉しいですね。

ドリンク回数券のルール

  • 発行店舗のみ有効
  • 使用期限は発行日より6ヶ月間
  • 220円~240円のドリンク(Sサイズ)に利用できる
  • スープ、フロート、スムージー等の店舗限定、季節限定のドリンクは対象外
  • 250円以上のドリンク(S)の場合には、50円追加

発行店舗でしか使えないのと、使用期限があることに注意が必要です。よく行くお店が決まってる人なら使えそうです。

どれくらいおトク?

対象となるドリンクの値段は、220円〜240円。

ドリンク回数券を使うと1杯あたり160円で飲める計算に。

つまり1杯あたり60円〜80円おトクになります。

 

・・・ただし!これはドリンクを単品で頼んだ場合です。

 

サンドイッチやサラダに付けられる「ドリンクセット」の値段は160円。

セットにしても、回数券を使っても、同じ160円。意味ないやーーーん!!!

サブウェイでいつもサンドイッチを食べる人は、ドリンクチケットを買っても意味なしです。

カフェ代わりにドリンクのみ利用をする人にとってはおトクですね。

ドリンク回数券をセットより安くする裏ワザ

サブウェイのアルバイトってどう?(元サブウェイ店員の体験談)

サブウェイのアルバイトってどうなの?
働きやすさや服装・髪型などの条件、実際に働いたことのある管理人さくらの体験談などをまとめました。

仕事内容は?

サブウェイのアルバイトの主な仕事内容は

  • サンドイッチやドリンクの作成・接客
  • お会計(レジ)
  • 食器や器具の洗浄
  • パンの焼成
  • 食材の仕込み
  • 食材の管理・発注

などです。

レストランなどではホールとキッチンに担当が分かれていますが、サブウェイはそういった分類はありません。最初はサンドイッチ作りからスタートして、最終的にはすべての仕事を覚えるようになります。

いろんな仕事に接することができて、とてもやりがいのあるアルバイトですよ♪

身だしなみ(髪型・髪色・ピアスはOK?)

サブウェイのアルバイトをするにあたり必要な身だしなみは以下のとおりです。

  • 髪色:濃い茶色まではOK(明るい髪色はNG)
  • 髪型:長ければ束ねて帽子にしまう
  • ピアス:不可
  • ひげ:不可
  • 香水:禁止
  • 化粧:ナチュラルメイク推奨(濃い化粧、つけまつげ、カラコンは禁止)

一般的な飲食店と同程度ですが、お客さんの目の前でサンドイッチを調理するためやや厳しい部分もあります。

ピアスに関しては、私が働いてたお店では「不可」でした。サブウェイはフランチャイズの店舗が多いので、店長の裁量によりピアスOKのところもあるようです。

髪色についても、お店により基準が変わってきます。基本的には極端に明るい色やメッシュ等でなければ、茶髪でも大丈夫です。

身だしなみの基準は店舗ごとにゆるかったり厳しかったりするので、働きたいお店のスタッフさんを事前に観察してみるのがおすすめ。

制服は?

サブウェイの制服は以下のとおり。(男女共通)

アルバイトスタッフ

ボーダー柄Tシャツ(ライトグリーン✕白)・ズボン(黒)・エプロン(深緑)・帽子(黒)・名札

マネージャー

白シャツ・ネクタイ(緑)・ズボン(黒)・エプロン(深緑)・帽子(黒)・名札

支給なし(黒い靴を自前で用意)

 

サブウェイの制服は2015年にリニューアルされ、すごくおしゃれになりました。

私が働いていた時は深緑のポロシャツに黒いキュロット(男性はズボン)、エプロンも真っ黒とすごくシンプルなものだったのですが、現在は爽やかなライトグリーンのボーダーシャツなんですね。マネージャーさんは白シャツです。(店舗によってはアルバイトでも白シャツを選べるみたい…?)

ボーダーシャツは男性用と女性用で微妙に形が違って、身体のラインがキレイに出るようにデザインされているそうです。また、エプロンは深緑をベースに、グレーの布でアクセントがついていてスタイリッシュ。

せっかくバイトするなら制服がおしゃれな方がいい、というこだわり派の人でも満足できそうですよヽ(=´▽`=)ノ

時給・交通費・シフトは?

サブウェイのアルバイトの時給は店舗によってさまざまです。
求人を見る限り、周辺のチェーンの飲食店とほぼ同じくらいか、少し安めですね。
サブウェイはお店の規模が小さいためたくさん歩きまわる必要もなく、調理や食材管理もレストランと比べると簡単なので、時給が安くても割に合わないってことはないですよ。(体験談)

交通費は店舗によりますが、支給されるお店が多いようです。(上限額あり)

シフトは2週間ごとの希望シフト制
2週間はわりと融通がきく方ですね。ダブルワークなどもしやすいといえます。

なお、サブウェイのアルバイトは高校生もOKです。

働きやすさは?

職場の働きやすさ・・・一般的には「店舗によりけり」なんですよね。お店の立地によって忙しさは大幅に変わってきます。人間関係もお店によってさまざま。

私が働いたお店に関していうと、他のアルバイトに比べて働きやすく、毎日楽しく仕事ができました
ランチタイムのピークは行列ができてキツい時もありますが、常に混んでるというわけではないのでバテバテになることもなく。お店が狭いので掃除も簡単。覚えることは多いですが、最初はとにかくサンドイッチが作れれば良くて、レジや仕込みは徐々に教えてくれました。なので「最初から覚えるコトが多くて大変!」とはならないんです。

お店の雰囲気や忙しさは店舗によって違うため、一番いいのは働きたいお店にお客さんとして行ってみることです。飲食店のバイトをいくつかやってきた私は、面接の前に必ず下見に行くようにしていました。スタッフさんの様子を観察していると、いろいろ感じ取れることがあるので、「面接前の下見」強くおすすめします!

まかないは?

サブウェイにはまかない制度があります。これまた店舗によるので、ないお店もあるのですが…。

「◯時間以上働くと好きなサンドイッチとドリンク1つ無料」というお店が多いんじゃないでしょうか。他に、スタッフ割引制度で安く購入できたりするお店もあるようです。

どういう人が向いてる?

サブウェイのアルバイトをする上で大事なのは「人と話すのが好きなこと」。

主な仕事であるサンドイッチ作りは、お客さんとの対話形式で進んでいきます。そのため、人との会話が得意な人のほうが向いています。また、お客さんのオーダーを覚えながら作っていくので「記憶力がいい人」も向いているといえます。

自分はしゃべるの苦手だし記憶力にも自信がない…そんな人もあきらめないで!

サブウェイのサンドイッチが好きな人なら、多少コミュ障でも大丈夫です。自分がお客さんとしてサブウェイに行った時の、店員さんの対応をマネしていけば、だんだん慣れていきますよ。

サブウェイで働くと、サブウェイのサンドイッチを食べる機会も増えます。(まかないだったり新商品の試食だったり)
お客さんに味を説明するためにも試食は大事なので、野菜嫌いな人はあまり向いていません。野菜大好きな人にはピッタリのアルバイトです♪

実際に働いてみた感想・体験談

サブウェイで2年ほどアルバイトをしていた管理人さくらが、サブウェイで働いて良かったこと、苦労したこと、辛かったことを挙げてみます。

サブウェイで働いて良かったこと

  • 単純にサンドイッチ作りと接客が楽しい
  • 瞬間記憶能力が鍛えられる
  • 大好きなサブウェイのサンドイッチが食べられる(まかないあり店だったので)
  • トッピング、ドレッシングなど、サンドイッチの美味しいカスタマイズが分かる
  • 常連さんとサブウェイトークが盛り上がると嬉しい
  • 「食材の発注」という仕事を覚えられる(サブウェイはバイトも発注やるんです)
  • ひとつかみ何g が正確にできるようになる
  • 体力的に他の飲食店よりキツくない(動く範囲が狭い)
  • 英語が覚えられる(サブウェイには外国人がよく来ます)

サブウェイで働いて苦労したこと

  • トマトのスライスが難しい(野菜は全てカット済で届きますが、トマトだけはお店で専用の道具を使って切ります、コツを掴むまでが大変)
  • お客さんのオーダーを聞きながらサンドイッチを作るのが難しい(おなじくコツを掴むまでが大変)
  • パン生地の箱の糊付けがめっちゃかたくて開けるのに一苦労(経験者は分かるネタ)
  • 野菜の発注が難しい、ミスると「ピーマン品切れです」みたいに情けないことになる

サブウェイで働いて辛かったこと

  • オーダーミスでお客さんからクレームが来たときすごい凹む(ドレッシング間違ってたわよ!など…テイクアウトだと事後処理が手間です)
  • 細かくカスタマイズできるというシステム上、ミスが起こりやすいので凹む頻度高し
  • オーブン操作ミスでパンを焦がすと凹む
  • オーブンで火傷しがち

いろいろ書いてみましたが、ざっくりまとめると

「サブウェイのアルバイト、楽しいよ!!」

いくつかの飲食店でアルバイトをした中で、サブウェイの仕事は特に楽しかったですね。これを読んで応募しようか迷っている人がいたら、ぜひおすすめしたい。サブウェイのバイト、いいぞ。

サブウェイのアルバイト(求人情報)

エリアと職種を選んで検索すればOK。
サブウェイで働いてみたいならタウンワークで探すのがおすすめです!

▶ サブウェイのアルバイト情報はこちら

えびアボカドを食べてみた感想(おすすめドレッシング、トッピング)

サブウェイのサンドイッチメニューから「えびアボカド」を食べてみた感想と、おすすめドレッシング、おすすめトッピング、カロリーなどの情報をまとめました。

プリプリのえびとまろやかなアボカドの組み合わせは間違いない!サブウェイ人気No.1のおすすめサンドです。

えびアボカドとは

えびアボカド 基本データ

具材(6種の野菜以外) えび5尾+アボカド35g
おすすめパン セサミ
おすすめのドレッシング 野菜クリーミードレッシング
価格(レギュラーサイズ) 490円

えびアボカド」は、プリプリのえびとゴロッと食感のアボカドペーストが入ったサンドイッチ。数あるサブウェイのサンドイッチの中でも、おそらく一番人気のメニューです。

おすすめドレッシングはまろやかな味わいの「野菜クリーミードレッシング」。えびアボカドがメニュー化された当初のおすすめドレッシングは「わさび醤油ソース」でしたが、最近変わったんですね。わさび醤油は辛みが強いから、万人受けするドレッシングにしたのかな。

価格は490円。チーズローストチキンやターキーベーコンエッグなどと同じ値段ですね。サブウェイのメニューの中ではやや高めな方です。

えびアボカドを食べてみた感想

今回は、パンはセサミ、野菜は全部多め、ドレッシングはおすすめの野菜クリーミードレッシングでお願いしてみました。

野菜たっぷりすぎて分かりづらいけど…アボカドとえび、両方入ってけっこうボリュームあります。アボカドはペースト状の中に、ゴロッとチャンク状のものも入ってて食感が楽しい。軽く塩味とガーリックの風味が付いてます。

このえびがおいしいんだよね。プリっとした食感で、生臭くないのが良い。

野菜クリーミードレッシングはオレンジ色で、市販品で例えるなら「サウザンアイランド」に近い味。甘すぎずしょっぱすぎず、マイルドな味わいでアボカドとの相性ピッタリです。えびアボカドにはわさび醤油派だった私ですが、たまにはマイルドなのもいいかも♪

サブウェイ屈指の人気メニュー「えびアボカド」、是非一度食べてほしいおすすめメニューです!まずはおすすめの「野菜クリーミードレッシング」で、2度目は「わさび醤油」に挑戦してみてくださいヽ(=´▽`=)ノ

えびアボカドのカロリーは?

サンドイッチ「えびアボカド」のカロリー

324kcal です。(レギュラーサイズ、パンがウィート、ドレッシングがおすすめの場合)

アボカドが入るとややカロリーが上がりますね。アボカドは良質な脂肪分である「不飽和脂肪酸」が含まれているので、あまり気にしすぎず美味しく食べましょ!

えびアボカドのおすすめカスタマイズは?

元サブウェイ店員がおすすめする、えびアボカドのおすすめカスタマイズは

クリームチーズトッピング、ドレッシングはバジルソース

です。

えびアボカドにクリームチーズはすごく合う!ドレッシングはそのまま「野菜クリーミードレッシング」でも合うし、甘めのハニーマスタードにしても。

ついでに

アボカド・えびトッピング(具材2倍)、ドレッシングはわさび醤油+マヨネーズ少し

という贅沢サンドも提案しておきます。えびとアボカドを存分に楽しめて間違いないやつ。

ぜひお試しあれ(*´∀`*)

ローストビーフを食べてみた感想(おすすめドレッシング、トッピング)

サブウェイのサンドイッチメニューから「ローストビーフ」を食べてみた感想と、おすすめドレッシング、おすすめトッピング、カロリーなどの情報をまとめました。

牛肉たっぷりの贅沢サンド、間違いなくおいしいです…!

ローストビーフとは

ローストビーフ 基本データ

具材(6種の野菜以外) ローストビーフ5枚
おすすめパン ウィート
おすすめのドレッシング わさび醤油ソース
価格(レギュラーサイズ) 580円

サブウェイの「ローストビーフ 〜プレミアム製法〜」は、特製ローストビーフをたっぷり5枚挟んだサンドイッチ。お肉の旨みを存分に楽しめるため、昔から人気のメニューです。おすすめドレッシングは辛味の効いたわさび醤油ソース

価格は580円と、サブウェイのサンドイッチの中で一番高価なメニューです。ちょっと贅沢したい気分の時にいいですね。

ローストビーフを食べてみた感想

今回は、パンはおすすめのウィート、野菜は全部多め、ドレッシングはおすすめのわさび醤油ソースでお願いしてみました。

きれいなピンク色のローストビーフがたくさん入ってます。 具材は野菜とローストビーフだけ。潔い!肉々しい!!

このローストビーフ、しっとりと柔らかい食感で食べやすい。噛めば牛肉の旨みが広がります(*´∀`*)

わさび醤油との相性もバッチリ。わさびのツンとした辛みがあるので、苦手な方は他のドレッシングに変えてもいいかも。オイル&ビネガーでさっぱり楽しむも良し、バルサミコソースでちょっと甘めにするもよし、バジルソースで大人味にするのもいいですね。わりとどのドレッシングでも合いますよ。

サブウェイで一番高い贅沢サンド「ローストビーフ」、自分へのご褒美にぜひ!

ローストビーフのカロリーは?

サンドイッチ「ローストビーフ」のカロリー

287kcal です。(レギュラーサイズ、パンがウィート、ドレッシングがおすすめの場合)

ローストビーフの牛肉は脂身の少ない部位を使っていて、ボリュームがあるわりに低カロリー!

高いのは値段だけ…\(^o^)/

ローストビーフのおすすめカスタマイズは?

元サブウェイ店員がおすすめする、ローストビーフのおすすめカスタマイズは

マスカルポーネチーズをトッピング、ドレッシングはバジルソース

です。

クリーミーなマスカルポーネを合わせ、香りの良いバジルソースで仕上げたイタリア風サンドイッチ。贅沢度がさらにアップします♪