サブウェイの注文方法 〜初心者でもわかる完全マニュアル〜

サブウェイのサンドイッチの注文方法についてご紹介します。

複雑なイメージがあるサブウェイの注文ですが、ポイントをおさえれば実は簡単なんですよ♪

注文の流れ

サブウェイの注文方法を順番に書くとこうなります。

  1. メニュー表から食べたいサンドイッチを決める。
  2. パンを選ぶ。
  3. 好みで野菜の増減をお願いする。
  4. ドレッシングを選ぶ。
  5. セットを付けたければ注文する。

5段階もあるの!?めんどくさい!!

そう思ったあなた。実はこの工程、「おまかせ」のワードですっとばせます。

②③④は「おまかせ」で通過できますので、実質①と⑤のふたつのステップを踏めばいいわけです。

メニューを決めてセットを決める。それって普通のファストフードと変わらないじゃん!

実はそんなに難しくないサブウェイの注文、初体験の皆さんもぜひ気軽にチャレンジしてみてくださいね。

ここからは5つのステップをひとつずつ解説していきます。

1.メニュー表から食べたいサンドイッチを決める

まずはメニュー表から食べたいサンドイッチを選びます。「サブウェイはおまかせができる」と聞いて、開口一番「おまかせで!」と言い放つ方がたまにいますが、最初にメニューだけは決めましょうヽ(=´▽`=)ノ

サンドイッチはグランドメニュー16種、期間限定が2種ほど。常時だいたい18種類くらいが揃っています。といってもベースは全て共通。「パン+6種の野菜」に、メニュー名の具材が追加されているんです。

えびアボカド」だったら、パンに6種の野菜+えびとアボカド という感じ。

ちなみに野菜以外の具が入らない基本のサンドが、一番安い「ベジーデライト」です。

2.パンを選ぶ

サブウェイには5種類のパンがあり、好きなものを選んでOK。

どのパンでお作りしますか?」と聞かれますので、どれがいいか分からない場合はここで魔法の言葉「おまかせで!」を使いましょう。

サンドイッチはメニューごとに、マニュアルで決められた”おすすめのパン”があります。おまかせでお願いすればサンドイッチに合うパンで作ってくれますよ。
ちなみに、メニュー表の写真に写っているパンが、そのサンドイッチのおすすめパンです。(えびアボカドならセサミ)

トーストするかどうかも合わせて聞かれます。基本的に「店内で食べる場合はトーストあり、持ち帰りの場合はトーストなし」推奨。

それぞれのパンの特徴について、詳しくは別記事にまとめました。

3.好みで野菜の増減をお願いする

メニュー、パンが決まると、次は野菜。
サブウェイのサンドイッチは全てに6種類の野菜が入ります。

  • レタス
  • トマト
  • ピーマン
  • オニオン
  • ピクルス
  • オリーブ

店員さんが「お野菜は全てお入れしてよろしいですか?」と必ず聞いてくるので、嫌いな野菜がなければ「はい!」とか「おまかせで!」と答えて通過します。

もし、嫌いな野菜がある場合はここで「ピクルスとオリーブ抜きで」などと伝えましょう。

増やしたい野菜がある場合もここで伝えてOK。「レタス多めで」という単品指定はもちろん、「野菜全部多めで」なんてリクエストもありですよ。

野菜について詳しくは別記事にまとめました。

4.ドレッシングを選ぶ

仕上げにかけるドレッシングを選びます。ドレッシングは全部で8種類。

えびアボカドには野菜クリーミードレッシングをおすすめしていますが、おかけしてよろしいですか?」などと聞いてくれます。

ここでも魔法の言葉を発動。どのドレッシングが合うか分からなかったら迷わず「おまかせで!

ドレッシングに関しては、サブウェイ好きの私でもたまにやらかす(自分で選んで合わないセレクトをする)ので、初めのうちはマニュアル通り、おまかせでいくのが安心です。もしくは店員さんに「他に何が合いますか?」なんて相談してみるのもあり。

ドレッシングについて詳しくは別記事にまとめました。

5.セットを注文する

サンドイッチの注文はこれで終わり。

最後に「セットでお飲みものやポテトなどいかがですか?」と聞いてくるので、ドリンクやポテトを付けたい場合は、ここで注文します。

ここまでの工程は、店員さんがサンドイッチを作るのに合わせて少しずつレジ方向へ移動しながら行っていきます。セットを聞かれる頃はちょうど目の前にセットのメニュー表が現れるので、それを見ながら選ぶことができますよ。

イートインの場合はドリンクを付けたいところですね。ドリンクセットは+160円で付けられます。

聞かれたことに答えていこう

ここまで読めばお気づきでしょうか?
サブウェイの注文方法は全て、店員さんの質問に答えれば成り立つようになっています。

最初から「えびアボカドパンはウィートトースト無しで野菜多めでアイスティーをセットでポテトはバジル…」などと呪文のように唱えてくるお客さんにたまに出くわすのですが、店員さんとしては作りながら聞いていきたいはず。最初に全部言ってしまわず、聞かれたことに答えるようにしていくといいと思います。そして迷った時は「おまかせで!

トッピングはどこで言えばいいの?

ちょっと上級テクニック。メニューのサンドイッチにさらに具材を追加したい場合には「トッピング」をお願いしましょう。有料ですが、チーズやアボカドなどを追加することができます。

この「トッピング」をお願いするタイミングですが、一番最初、サンドイッチのメニューを選ぶ時に言うのが確実です。

「えびアボカドのたまごトッピングください」といった感じですね。

最初に言い忘れた場合も、野菜を聞かれた時などに言っても大丈夫。

ただしチーズ系はパンにのせてからトーストするので、やはり最初に言うのがベターです。

トッピングについて詳しくは別記事にまとめました。

オーブンポテト(バジル)を食べてみた感想

サブウェイのサイドメニューから「オーブンポテト(バジル)」を食べてみました。

外はカリッと、中はホクホクのサブウェイポテト。バジル味は爽やかな香りでおいしかったですよ(*´∀`*)

オーブンポテト(バジル)とは

オーブンポテト 基本データ

オーブンポテト価格表 Sサイズ Mサイズ
単品価格 200円 280円
セット価格 160円 240円

 

サブウェイのサイドメニューといえば、一番人気はオーブンポテト。オーブンで焼いて仕上げているため、通常のフライドポテトよりカロリーが低くヘルシーなのが魅力です。

サイズはSとMの2種類があり、サンドイッチまたはサラダを注文するとセット価格にできます。セットだと両サイズともに40円引きですね。

オーブンポテトのフレーバーは

  • レギュラー(塩味)
  • ピリ辛バーベキュー
  • チーズ
  • バジル

の4種類があります。今回はバジル味を食べてみました。

オーブンポテトの販売時間

なお、オーブンポテトの販売は10:30からとなっています。開店時間がそれより早い店舗でも、ポテトの販売は10:30を過ぎてからなのでご注意を。

オーブンポテト(バジル)を食べてみた感想

サンドイッチにドリンクSとポテトSを付けてみました。ドリンクセット(+160円)とポテトセット(+160円)で、サンドイッチの値段プラス320円になります。

ポテトは紙袋に入ってきます。

緑色のバジルフレーバーがかけられています。サブウェイのポテトはオーダーを受けてから、ベースの塩味にフレーバーの粉をかけるんですよね。シャカシャカポテトとかと同じ原理です。

丸ごとのじゃがいもをくし形切りにしたような、大きめのポテト。外側はカリッと、中はホクホクしていておいしい!フライドポテトと比べると油っこさが少なくて、おいもの味をしっかり感じられます。バジル味は爽やかな香りが良いですね。ハーブ好きな人ならおすすめ!

オーブンポテト(バジル)のカロリーは?

「オーブンポテト(バジル)」のカロリー

Sサイズ 162kcal

Mサイズ 289kcal です。

オーブンで焼いている分、通常のフライドポテトと比べるとカロリーが半分ほどに抑えられています。
さすがヘルシー志向のサブウェイ、ポテトも低カロリーなんて、ダイエットの味方ですね♪

 

元サブウェイ店員さくらのプロフィール

「サブウェイ大好きクラブ」管理人さくらのプロフィールです。

こんな人が書いてます

群馬県出身、埼玉県在住。夫と二人暮らし。

調理学校を卒業後、飲食の仕事を転々とし、現在はカフェ店員兼フリーライター。

都内のサブウェイで約2年間アルバイトをしていた。

料理、お菓子作り、コーヒー、紅茶好き。

サブウェイとの出会い

私がサブウェイを初めて食べたのは、小学生の時。

まだサブウェイが日本に上陸して間もない頃、地元群馬の前橋市に店舗ができ、そこに家族4人でよく行っていたのです。

当時のメニューは今とはかなり違いましたが、具材のたっぷり入ったアメリカンなサンドイッチの美味しさに感動し、子供ながらすっかりサブウェイの大ファンになりました。

当時は「サブウェイクラブ」と「シーフード&クラブ」をよく食べていましたね。

 

その後、前橋の店舗は閉店してしまい、群馬にはサブウェイがない時代が続きましたが、私が高校を卒業して東京に出てきたところで、サブウェイと感動の再会を果たします。

それからはひとりでサブウェイに通い詰める日々。

そしてサブウェイ好きが高じてアルバイトで憧れのサブウェイ店員に!

バイトに入った初日に「店員より詳しい!」と先輩方から驚かれるほど、既にすっかりサブウェイマニアと化していたので、仕事はラクラク覚えられました。(笑)

今はサブウェイの仕事は辞めてしまいましたが、相変わらずサブウェイのサンドイッチは大好きです。

客として、元スタッフとして、両方の面から、このサイトを通じてサブウェイの魅力を発信していきたいと思いますヽ(=´▽`=)ノ

サブウェイのおすすめメニュー

さくらの個人的好みで選ぶ、サブウェイおすすめメニューです。

サブウェイクラブ

サブウェイ創業当時からある不動の人気メニュー。

ローストビーフ・ターキー・ロースハムの組み合わせが絶妙なんですよね。

ローストビーフも贅沢でいいんだけど、ビーフの味が強いので「サブウェイクラブ」の方が食べやすいんです。

おすすめカスタマイズは「アボカドトッピング・わさび醤油ソース+マヨネーズ少し」です。

詳しい食レポはこちら。

えびアボカド

サブウェイが日本でも人気が出てきたのは、アボカドが導入されてからじゃないでしょうか。

日本人の味覚に合わせた、日本オリジナルのサンドイッチメニュー。

海老はプリプリ、アボカドは程よくガーリックが効いていてクリーミーでおいしい。

そしてそして極めつけの「わさび醤油ソース」ですよ!これぞジャパニーズミラクル!!サンドイッチにわさび、意外ですがめっちゃ合います。

昔と変わって今は、えびアボカドのおすすめドレッシングは「野菜クリーミードレッシング」らしいですが…断然「わさび醤油」のが好きだなぁ。

詳しい食レポはこちら。

チーズローストチキン

こちらもサブウェイの人気メニュー。

私がアルバイトをしていた当時は、えびアボカドと一二を争う人気でした。特に女性ファン多し。濃厚なクリームチーズとあっさりローストチキンのバランスがいいんですよね。

この「チーズローストチキン」は、パントーストが絶対おすすめ!
サブウェイでは、チーズ系はのせてからパンをトーストすることになっています。クリームチーズは焼いてとろけてこそ本領を発揮するので、ぜひトーストをお願いしましょう。

詳しい食レポはこちら。

サブウェイクラブを食べてみた感想

サブウェイのサンドイッチメニューから「サブウェイクラブ」を食べてみました。

お肉たっぷり、低カロリーなのにボリューム満点。

サブウェイの数あるメニューの中でも特におすすめのメニューです!

お値段がちょっと高いケド…(^o^;

サブウェイクラブとは

サブウェイクラブ 基本データ

具材(6種の野菜以外) ローストビーフ2枚+ターキー2枚+ロースハム1枚
おすすめパン ウィート
おすすめのドレッシング バルサミコソース
価格(レギュラーサイズ) 540円

サブウェイクラブは、サブウェイが日本にやってきた時からある「初代定番メニュー」。

ローストビーフ・ターキー・ロースハムと3種のミートを贅沢に使った、ヘルシーなのに食べ応えのあるサンドです。

おすすめドレッシングは甘みのあるバルサミコソース。ちなみにバルサミコが無かった時代のおすすめドレッシングは「オイル&ビネガー」でした。

具材がシンプルな塩味なので、トッピングや味付けのアレンジがしやすく、わりとなんでも合います。特にチーズやアボカドトッピングはボリュームが増しておすすめですよ♪

値段は540円。ローストビーフに次いで2番目に高いサンドイッチです。

サブウェイクラブを食べてみた感想

今回は、パンはおすすめ、野菜はオリーブピクルス抜きで他多め、味付けはわさび醤油+マヨネーズでお願いしてみました。(オリーブピクルス抜きは食べた人の好みです、通常は全部入れるのがおいしいです!)

野菜、たっぷり入れてくれて嬉しい♪

贅沢に5枚のお肉が挟まれています。牛・鳥・豚の3つを同時に食べるなんて贅沢よのぅ。

お肉の旨みたっぷりで、脂肪分は少なくヘルシーなのに食べ応えがあって最高!これぞサブウェイのNo.1メニューですぞ!!(個人の感想です笑

甘めのバルサミコソースも合うんですが、ちょっと甘さが強くて好き嫌いが分かれるので、好みのドレッシングに変更もありです。本当にどのドレッシングでも違和感なく合いますよ(*´∀`*)

サブウェイクラブのカロリーは?

サンドイッチ「サブウェイクラブ」のカロリー

295kcal です。(レギュラーサイズ、パンがウィート、ドレッシングがおすすめの場合)

お肉たっぷりで満足の食べ応え、なのに300kcalを切るとは、なんて優秀なメニューでしょう。

サブウェイクラブのおすすめカスタマイズは?

元サブウェイ店員がおすすめする、サブウェイクラブのおすすめカスタマイズは

アボカドトッピング・わさび醤油ソース+マヨネーズを少し

です。

この組み合わせは、サブウェイ全メニューの中でも私が一番好きな味。

お肉系とアボカドって意外と相性が良いんですよね。そして味付けはわさび醤油推し。アボカドにはわさび醤油、相性抜群。わさび醤油だけだとツーンと辛いので、少しマヨネーズを加えるとまろやかになり辛みも押さえられます。

マヨネーズは「少し」がポイント。マヨネーズの規定量はかなり多いので、通常の半分くらいが理想です。店員さんには「マヨネーズ少し入れてください」で通じると思います。

アボカドタンドリーチキンを食べてみた感想(夏限定)

サブウェイの期間限定メニュー「アボカドタンドリーチキン」を食べてみた感想と、おすすめドレッシング、おすすめトッピング、カロリーなどの情報をまとめました。

ボリューム満点、ピリ辛スパイシーで夏にピッタリの満足サンドです。ドリンクセットが通常より100円もおトクでおすすめ!

アボカドタンドリーチキンとは

アボカドタンドリーチキン 基本データ

具材(6種の野菜以外) タンドリーチキン2枚+アボカド1スクープ
おすすめパン ハニーオーツ
おすすめのドレッシング マヨネーズホットペッパー
価格(レギュラーサイズ) 590円

サブウェイの2017年夏限定サンドイッチは

  • 直火焼きタンドリーチキン
  • アボカドタンドリーチキン

の2つがあります。

タンドリーチキンは昔はレギュラーメニューだったのですが、ここ数年レギュラーからは消えて夏限定で登場するようになりましたね。

 

アボカドタンドリーチキンは、ベースの野菜サンドに分厚いタンドリーチキン2枚をはさみ、さらにアボカドをトッピングしたもの。価格は単品590円です。(レギュラーサイズ)

アボカドタンドリーチキンの販売期間

「直火焼きタンドリーチキン」「アボカドタンドリーチキン」の販売期間は

2017年7月5日〜8月22日です。

期間中、ドリンクセットがお得になるキャンペーンを行っています。

直火焼きタンドリーチキン+ドリンクSセット 550円

アボカドタンドリーチキン+ドリンクSセット 650円

どちらも+60円でドリンクセットにできます。通常のドリンクセットは+160円なので、100円もおトク!!

アボカドタンドリーチキンを食べてみた感想

パンとドレッシングはおすすめ、野菜を全部多めでオーダーしてみました。野菜、めっちゃ盛り盛りに入れてくれましたよーヽ(=´▽`=)ノ

食べ応えのある分厚いタンドリーチキンが2枚。ピリ辛スパイシーでおいしいんです。その下にはアボカドが。アボカドが入ると辛みが程よくマイルドになっていいですね。

激辛のホットペッパーが3つ入ってます。このサンドには基本ホットペッパーが入るのですが、苦手な方のために入れていいかちゃんと聞いてくれますよ。辛いのダメな方は抜きでお願いしましょう。ホットペッパーは唐辛子の酢漬けなので酸っぱくて辛いです。酸味が苦手な方もご注意を。

タンドリーチキンとアボカド、具材がたっぷりで、1つですごく満足感のあるサンドイッチでした。

タンドリーチキン、おいしいよなぁ。。またレギュラー復活してくれないかなぁ。

アボカドタンドリーチキンのカロリーは?

アボカドタンドリーチキンのカロリー

415kcal です。(レギュラーサイズ、パンがウィート、ドレッシングがおすすめの場合)

アボカドタンドリーチキンのおすすめパンは「ハニーオーツ」なので

全ておすすめで作ると実際のカロリーは「425kcal」になります。

埼玉県|サブウェイ 店舗一覧

埼玉県のサブウェイ

  1. 狭山市駅西口市民交流センター店
  2. 東武草加ヴァリエ店
  3. モラージュ菖蒲店
  4. イオンモール川口前川店
  5. 川越モディ店
  6. イトーヨーカドー大宮宮原店
  7. ワカバウォーク店
  8. 大東文化大学店
  9. 丸井大宮店
  10. 立教大学新座キャンパス店
  11. ピオニウォーク東松山店
  12. ららぽーと新三郷店
  13. イオンモール羽生店
  14. イオンモール北戸田店
  15. アリオ鷲宮店
  16. 熊谷ティアラ21店
  17. イオンモール与野店
  18. 西武入間ぺぺ店
  19. マルイファミリー志木店

サブウェイ 店舗一覧

北海道・東北地方

  • 北海道|サブウェイ 店舗一覧
  • 青森県|サブウェイ 店舗一覧
  • 岩手県|サブウェイ 店舗一覧
  • 宮城県|サブウェイ 店舗一覧
  • 秋田県|サブウェイ 店舗一覧
  • 山形県|サブウェイ 店舗一覧
  • 福島県|サブウェイ 店舗一覧

関東地方

  • 東京都|サブウェイ 店舗一覧
  • 神奈川県|サブウェイ 店舗一覧
  • 茨城県|サブウェイ 店舗一覧
  • 栃木県|サブウェイ 店舗一覧
  • 群馬県|サブウェイ 店舗一覧
  • 埼玉県|サブウェイ 店舗一覧(19)
  • 千葉県|サブウェイ 店舗一覧

中部地方

  • 山梨県|サブウェイ 店舗一覧
  • 長野県|サブウェイ 店舗一覧
  • 新潟県|サブウェイ 店舗一覧
  • 富山県|サブウェイ 店舗一覧
  • 石川県|サブウェイ 店舗一覧
  • 福井県|サブウェイ 店舗一覧

東海地方

  • 静岡県|サブウェイ 店舗一覧
  • 愛知県|サブウェイ 店舗一覧
  • 岐阜県|サブウェイ 店舗一覧
  • 三重県|サブウェイ 店舗一覧

近畿地方

  • 滋賀県|サブウェイ 店舗一覧
  • 京都府|サブウェイ 店舗一覧
  • 大阪府|サブウェイ 店舗一覧
  • 兵庫県|サブウェイ 店舗一覧
  • 和歌山県|サブウェイ 店舗一覧
  • 奈良県|サブウェイ 店舗一覧

 

中国・四国地方

 

  • 鳥取県|サブウェイ 店舗一覧
  • 島根県|サブウェイ 店舗一覧
  • 岡山県|サブウェイ 店舗一覧
  • 広島県|サブウェイ 店舗一覧
  • 山口県|サブウェイ 店舗一覧
  • 徳島県|サブウェイ 店舗一覧
  • 香川県|サブウェイ 店舗一覧
  • 愛媛県|サブウェイ 店舗一覧
  • 高知県|サブウェイ 店舗一覧

 

九州・沖縄地方

  • 福岡県|サブウェイ 店舗一覧
  • 佐賀県|サブウェイ 店舗一覧
  • 長崎県|サブウェイ 店舗一覧
  • 熊本県|サブウェイ 店舗一覧
  • 大分県|サブウェイ 店舗一覧
  • 宮崎県|サブウェイ 店舗一覧
  • 鹿児島県|サブウェイ 店舗一覧
  • 沖縄県|サブウェイ 店舗一覧

【2018冬】サブウェイ メニュー最新版 食べてみた感想付き

サブウェイのメニューまとめです。

現在の季節メニュー(2018年 冬)をトップに表示。

リンクから食レポ記事へ飛べます。

(最終更新:2018.01.04)

最新季節メニュー(2018年1月23日まで)

サンドイッチ

Rはレギュラー、FLはフットロングの価格です。フットロングは基本的にはレギュラーの2倍の価格になってます。

品名 R FL
ローストビーフ 580円 1,160円
えびアボカド 490円 980円
BLT 410円 820円
サブウェイクラブ 540円 1,080円
生ハム&マスカルポーネ 520円 1,040円
ローストチキン 410円 820円
チーズローストチキン 490円 980円
ターキーベーコンエッグ 490円 980円
てり焼きチキン 490円 980円
ターキーブレスト 450円 900円
ロースハム 430円 860円
ツナ 430円 860円
たまご 390円 780円
アボカドベジー 390円 780円
ベジー&チーズ 340円 680円
ベジーデライト 300円 600円

ドレッシング

ドレッシングはすべて無料です。

なお、一番最後の「ホットペッパー」は無料で追加できるため、トッピングではなくドレッシング扱いだそうです(サブウェイ公式情報より)

  1. オイル&ビネガー 塩こしょう
  2. シーザードレッシング
  3. 野菜クリーミードレッシング
  4. ハニーマスタードソース
  5. わさび醤油ソース
  6. バジルソース
  7. バルサミコソース
  8. マヨネーズタイプ
  9. ホットペッパー

トッピング

一緒にトーストしてさらにおいしく!

トッピングでさらにおいしく!

サラダ

  • ローストビーフ 580円
  • えびアボカド 490円
  • BLT 410円
  • サブウェイクラブ 540円
  • 生ハム&マスカルポーネ 520円
  • ローストチキン 410円
  • チーズローストチキン 490円
  • ターキーベーコンエッグ 490円
  • 照り焼きチキン 490円
  • ターキーブレスト 450円
  • ロースハム 430円
  • ツナ 430円
  • たまご 390円
  • アボカドベジー 390円
  • ベジー&チーズ 340円
  • ベジーデライト 300円

サイドメニュー

オーブンポテト

スープ

クッキー

  • ダブルチョコ 130円
  • メープル&マカデミア 130円
  • キャラメル&チョコチャンク アーモンド入り 130円

パウンドケーキ

  • ゆず&サワークリーム 160円
  • にんじん&りんご 160円
  • 小松菜&ごま 160円

ドリンク

レギュラーメニュー

コールドドリンク

品名 S M L
アイスコーヒー 220円 270円 320円
アイスカフェオレ 240円 290円 340円
アイスココア 240円
アイスティー 220円 270円 320円
アイスミルク 220円 270円 320円
野菜と果物のジュース 220円 270円 320円
オレンジジュース100% 220円 270円 320円
アイスウーロン茶 220円 270円 320円
メロンソーダ 220円 270円 320円
ジンジャーエール 220円 270円 320円
ペプシコーラ 220円 270円 320円
ペプシネックス 220円 270円 320円

ホットドリンク

品名 S M
ホットコーヒー 220円 270円
ホットカフェラテ 240円 290円
ホットココア 240円
ホットティー 220円
ホットミルクティー 220円
ハーブティー 220円

フロート(店舗限定メニュー)

品名 価格
コーヒーフロート 290円
カフェラテフロート 290円
コーラフロート 290円
クリームソーダ 290円
オレンジフロート 290円
ココアフロート 290円

プレミアムドリンク

コールドドリンク

品名 価格
アイスソイラテ 270円
アイスカフェモカ 270円
アイス抹茶ラテ 270円
アイスソイココア 270円
ソイマンゴラテ 270円
マンゴオレンジジュース 270円
マンゴジュース 270円

ホットドリンク

品名 価格
ホットソイラテ 270円
ホットカフェモカ 270円
ホット抹茶ラテ 270円
ホットソイココア 270円

サブウェイのモーニングメニュー

別記事にまとめました。

サブウェイのモーニング(店舗限定)

サブウェイ(SUBWAY)とは

サブウェイ(SUBWAY)は、アメリカに本社を置くファストフードチェーン。

長いパンに具材をたっぷり挟む「サブマリンサンドイッチ」が人気のお店です。

世界店舗数は2013年1月時点で3万8374店と、マクドナルドの約3万4000店を超える「世界最大の飲食チェーン」なのです。

店名の由来

「サブウェイ」と聞くと、地下鉄をイメージする人も多いかと思いますが

サブウェイの店名の由来は”地下鉄”ではありません。

長い楕円形の潜水型サンドイッチ「SUBMARINE SANDWITH」の「SUB」と

あなたのお好みでお作りします「YOUR WAY」の「WAY」を組み合わせた造語が「SUBWAY」なのです。

この名前の由来、意外と知られてないですよね。

日本のサブウェイの歴史

サブウェイが日本にやってきたのは、1991年

当時はアメリカと全く同じメニューで営業していました。

サブウェイが日本にできてすぐの頃、私が小学生だった時から、ちょうど店舗が近くにあり、よく利用していたのですが、その頃のメニューは今とは全く違いましたね。

パンはU字カット、スライスチーズが標準で入っている、味付けはオイル&ビネガーのみ。メニュー数も今より全然少なかったです。

アメリカのメニューだけでは日本人にはあまり受け入れられず、パン生地を改良したり、オリジナルメニューを作るなどして、現在の形になりました。

昔は郊外型の大きな店舗がほとんどでしたが、現在はコンパクトなテナント型がメインに。

イメージカラーも茶色から「野菜」を強調するグリーンに変わりました。

サブウェイの特徴

サブウェイの一番の特徴は、お客さんの好みを聞きながら作ってくれる「オーダーメイドサンドイッチ」。

パンの種類、野菜の好み、トッピング、味付けなど、店員さんとひとつひとつ会話しながらサンドイッチが出来上がっていきます。

この注文方法が最初は慣れなくてビビってしまう方も多いみたい。

そんな方のために「サブウェイの上手な注文方法」をまとめました。

メニュー名さえ決めればあとは「おまかせ!」でも大丈夫なので、初めての人も不安にならずにチャレンジしてみてください♪