サブウェイのアルバイトってどう?(元サブウェイ店員の体験談)

サブウェイのアルバイトってどうなの?
働きやすさや服装・髪型などの条件、実際に働いたことのある管理人さくらの体験談などをまとめました。

仕事内容は?

サブウェイのアルバイトの主な仕事内容は

  • サンドイッチやドリンクの作成・接客
  • お会計(レジ)
  • 食器や器具の洗浄
  • パンの焼成
  • 食材の仕込み
  • 食材の管理・発注

などです。

レストランなどではホールとキッチンに担当が分かれていますが、サブウェイはそういった分類はありません。最初はサンドイッチ作りからスタートして、最終的にはすべての仕事を覚えるようになります。

いろんな仕事に接することができて、とてもやりがいのあるアルバイトですよ♪

身だしなみ(髪型・髪色・ピアスはOK?)

サブウェイのアルバイトをするにあたり必要な身だしなみは以下のとおりです。

  • 髪色:濃い茶色まではOK(明るい髪色はNG)
  • 髪型:長ければ束ねて帽子にしまう
  • ピアス:不可
  • ひげ:不可
  • 香水:禁止
  • 化粧:ナチュラルメイク推奨(濃い化粧、つけまつげ、カラコンは禁止)

一般的な飲食店と同程度ですが、お客さんの目の前でサンドイッチを調理するためやや厳しい部分もあります。

ピアスに関しては、私が働いてたお店では「不可」でした。サブウェイはフランチャイズの店舗が多いので、店長の裁量によりピアスOKのところもあるようです。

髪色についても、お店により基準が変わってきます。基本的には極端に明るい色やメッシュ等でなければ、茶髪でも大丈夫です。

身だしなみの基準は店舗ごとにゆるかったり厳しかったりするので、働きたいお店のスタッフさんを事前に観察してみるのがおすすめ。

制服は?

サブウェイの制服は以下のとおり。(男女共通)

アルバイトスタッフ

ボーダー柄Tシャツ(ライトグリーン✕白)・ズボン(黒)・エプロン(深緑)・帽子(黒)・名札

マネージャー

白シャツ・ネクタイ(緑)・ズボン(黒)・エプロン(深緑)・帽子(黒)・名札

支給なし(黒い靴を自前で用意)

 

サブウェイの制服は2015年にリニューアルされ、すごくおしゃれになりました。

私が働いていた時は深緑のポロシャツに黒いキュロット(男性はズボン)、エプロンも真っ黒とすごくシンプルなものだったのですが、現在は爽やかなライトグリーンのボーダーシャツなんですね。マネージャーさんは白シャツです。(店舗によってはアルバイトでも白シャツを選べるみたい…?)

ボーダーシャツは男性用と女性用で微妙に形が違って、身体のラインがキレイに出るようにデザインされているそうです。また、エプロンは深緑をベースに、グレーの布でアクセントがついていてスタイリッシュ。

せっかくバイトするなら制服がおしゃれな方がいい、というこだわり派の人でも満足できそうですよヽ(=´▽`=)ノ

時給・交通費・シフトは?

サブウェイのアルバイトの時給は店舗によってさまざまです。
求人を見る限り、周辺のチェーンの飲食店とほぼ同じくらいか、少し安めですね。
サブウェイはお店の規模が小さいためたくさん歩きまわる必要もなく、調理や食材管理もレストランと比べると簡単なので、時給が安くても割に合わないってことはないですよ。(体験談)

交通費は店舗によりますが、支給されるお店が多いようです。(上限額あり)

シフトは2週間ごとの希望シフト制
2週間はわりと融通がきく方ですね。ダブルワークなどもしやすいといえます。

なお、サブウェイのアルバイトは高校生もOKです。

働きやすさは?

職場の働きやすさ・・・一般的には「店舗によりけり」なんですよね。お店の立地によって忙しさは大幅に変わってきます。人間関係もお店によってさまざま。

私が働いたお店に関していうと、他のアルバイトに比べて働きやすく、毎日楽しく仕事ができました
ランチタイムのピークは行列ができてキツい時もありますが、常に混んでるというわけではないのでバテバテになることもなく。お店が狭いので掃除も簡単。覚えることは多いですが、最初はとにかくサンドイッチが作れれば良くて、レジや仕込みは徐々に教えてくれました。なので「最初から覚えるコトが多くて大変!」とはならないんです。

お店の雰囲気や忙しさは店舗によって違うため、一番いいのは働きたいお店にお客さんとして行ってみることです。飲食店のバイトをいくつかやってきた私は、面接の前に必ず下見に行くようにしていました。スタッフさんの様子を観察していると、いろいろ感じ取れることがあるので、「面接前の下見」強くおすすめします!

まかないは?

サブウェイにはまかない制度があります。これまた店舗によるので、ないお店もあるのですが…。

「◯時間以上働くと好きなサンドイッチとドリンク1つ無料」というお店が多いんじゃないでしょうか。他に、スタッフ割引制度で安く購入できたりするお店もあるようです。

どういう人が向いてる?

サブウェイのアルバイトをする上で大事なのは「人と話すのが好きなこと」。

主な仕事であるサンドイッチ作りは、お客さんとの対話形式で進んでいきます。そのため、人との会話が得意な人のほうが向いています。また、お客さんのオーダーを覚えながら作っていくので「記憶力がいい人」も向いているといえます。

自分はしゃべるの苦手だし記憶力にも自信がない…そんな人もあきらめないで!

サブウェイのサンドイッチが好きな人なら、多少コミュ障でも大丈夫です。自分がお客さんとしてサブウェイに行った時の、店員さんの対応をマネしていけば、だんだん慣れていきますよ。

サブウェイで働くと、サブウェイのサンドイッチを食べる機会も増えます。(まかないだったり新商品の試食だったり)
お客さんに味を説明するためにも試食は大事なので、野菜嫌いな人はあまり向いていません。野菜大好きな人にはピッタリのアルバイトです♪

実際に働いてみた感想・体験談

サブウェイで2年ほどアルバイトをしていた管理人さくらが、サブウェイで働いて良かったこと、苦労したこと、辛かったことを挙げてみます。

サブウェイで働いて良かったこと

  • 単純にサンドイッチ作りと接客が楽しい
  • 瞬間記憶能力が鍛えられる
  • 大好きなサブウェイのサンドイッチが食べられる(まかないあり店だったので)
  • トッピング、ドレッシングなど、サンドイッチの美味しいカスタマイズが分かる
  • 常連さんとサブウェイトークが盛り上がると嬉しい
  • 「食材の発注」という仕事を覚えられる(サブウェイはバイトも発注やるんです)
  • ひとつかみ何g が正確にできるようになる
  • 体力的に他の飲食店よりキツくない(動く範囲が狭い)
  • 英語が覚えられる(サブウェイには外国人がよく来ます)

サブウェイで働いて苦労したこと

  • トマトのスライスが難しい(野菜は全てカット済で届きますが、トマトだけはお店で専用の道具を使って切ります、コツを掴むまでが大変)
  • お客さんのオーダーを聞きながらサンドイッチを作るのが難しい(おなじくコツを掴むまでが大変)
  • パン生地の箱の糊付けがめっちゃかたくて開けるのに一苦労(経験者は分かるネタ)
  • 野菜の発注が難しい、ミスると「ピーマン品切れです」みたいに情けないことになる

サブウェイで働いて辛かったこと

  • オーダーミスでお客さんからクレームが来たときすごい凹む(ドレッシング間違ってたわよ!など…テイクアウトだと事後処理が手間です)
  • 細かくカスタマイズできるというシステム上、ミスが起こりやすいので凹む頻度高し
  • オーブン操作ミスでパンを焦がすと凹む
  • オーブンで火傷しがち

いろいろ書いてみましたが、ざっくりまとめると

「サブウェイのアルバイト、楽しいよ!!」

いくつかの飲食店でアルバイトをした中で、サブウェイの仕事は特に楽しかったですね。これを読んで応募しようか迷っている人がいたら、ぜひおすすめしたい。サブウェイのバイト、いいぞ。

サブウェイのアルバイト(求人情報)

エリアと職種を選んで検索すればOK。
サブウェイで働いてみたいならタウンワークで探すのがおすすめです!

▶ サブウェイのアルバイト情報はこちら

サブウェイのポテトに、ケチャップって貰える?

ポテトにケチャップ、貰えます!

サブウェイのポテトはフレーバーが「レギュラー」「バーベキュー」「チーズ」「バジル」の4種類から選べます。特にレギュラーを選んだ時は薄味なので、ケチャップが欲しくなりますよね。

メニューには書いてありませんが、店員さんに「ケチャップください」と言うと、小さいアルミパックに入ったケチャップと専用のプラカップを渡してくれます♪(店舗によりないお店もあります)

マスタードを用意しているお店もあるようですよ♪

 

サンドイッチのドレッシング、別添えにしてもらえるの?

「サブウェイのサンドイッチはドレッシングを別添えにしてもらえるのか」についてまとめました。

オイル&ビネガーは別添えができる

サブウェイのサンドイッチは、野菜たっぷりゆえに時間が経つと水分が出て、パンがフニャッとしてしまいがち。

「ドレッシングを別の容器に入れてもらえないのかな?」

そう思ったことがある人も多いはず。

 

サンドイッチのドレッシングを別添えにできるのか。その答えは

オイル&ビネガーならできます

です。

 

オイル&ビネガーは、持ち帰り専用のポーションパックが用意されています。

サンドイッチをテイクアウトで買って、ドレッシングに「オイル&ビネガー 塩こしょう」を選択すると、塩こしょうだけをかけて、オイル&ビネガーはパックのものが付いてくるのです。

これでパンが水っぽくなるのをだいぶ防ぐことができます。

購入後、時間を置いてから食べる場合は、持ち帰り用オイル&ビネガーをおすすめします。

詳しくは

の記事をご覧ください。

他のドレッシングは別添えにできないの?

サブウェイのサンドイッチは、オイル&ビネガー以外は別添え対応をしていません

サラダのドレッシングはプラカップに入れて別にしてくれるので、サンドイッチでもできることはできるのですが…コストと手間の観点から、承らないことになっています。

店舗によってはイレギュラーでやってくれる場合もあるようですが、基本はNGなんですね。

関連記事

パンと具材、別に包んでもらえるの?

パンと具材は別にしてもらえるのか

「サブウェイのサンドイッチ、時間が経つと水っぽくなっちゃうんだけど…パンと具材って別に包んでもらえるの?」

よくある質問にお答えします。

残念ながら答えは「NO」です。

公式サイトのQ&Aにも「承っておりません」とはっきり書かれています。

テイクアウトで買ったサンドイッチは、水分が出る前に早めに食べるしかないですね!

関連記事

サブウェイのパンだけって買えるの?

サブウェイのパンだけ買えるのか

サブウェイのパンだけって買えるのか。よくある質問なのでまとめておきます。

【答え】

サブウェイのパンだけ購入はできます

ただしめっちゃ割高なのでオススメできません!!

パンだけだと割高になる理由

サブウェイの「パンだけ購入」は、サンドイッチの野菜抜きという対応になります。

一番安いベジーデライト(レギュラー300円)の野菜抜き。

つまり、パンだけなのに1/2本で300円、1本(フットロングサイズ)だと600円。

ちょっといいパン屋さんだってそこまで高くないですよね。

サブウェイのパンは美味しいけれど、残念ながらパンだけ購入はおすすめできません。

それでもパンだけ買いたい人へ

それでもサブウェイのパンだけ買いたい。ネタとして一度やってみたいんだ。

そんなあなたに、サブウェイのパンだけ購入の方法をご案内します\(^o^)/

  • 「ベジーデライトの野菜全部抜きください」と言う

ただこれだけです。

通常のサンドイッチと同じように「トーストの有無」「ドレッシング」なども聞かれます。

ドレッシング無しにすればほんとに「パンだけ」。

ドレッシングをかければ味付きパンに。

 

是非試してみてください・・・いや、試さない方がいいかも・・・。

関連記事

パンと具材、別に包んでもらえるの?

 

サブウェイの「ジャイアントサブ」って?

サブウェイの「ジャイアントサブ」についてご紹介します。

メニューには載っていない、公式裏メニュー。1本で8人前の特大サンドイッチはパーティーにぴったりですよ♪

ジャイアントサブは事前予約制

サブウェイには「ジャイアントサブ」という特大サンドイッチが存在します。

店舗のメニュー表には載っていないのですが、れっきとした公式メニュー。(昔はメニューに載ってた気がするんですがいつの間にか消えてた…)

ただし、事前予約制です。

ジャイアントサブを作れるスタッフは限られているため、数日前からの予約が必要となります。何日後ならできるのか は店舗によって異なります。最寄りの店舗に確認してみましょう。

ジャイアントサブの内容は?

ジャイアントサブは、1つで約フットロング4本分(レギュラーサイズ8個分)。つまり8人前の大きさです。超特大!

パンは生地を編み上げて作った特製パンで、横幅45cmもあるんですって。

具材は通常のメニューの中から4種類まで選べ、4等分で配置してくれます。1本で4つの味を楽しめる特大サンドってワケですね。野菜の増減やドレッシングの変更、トッピングもOKです。

ジャイアントサブの値段は?

ジャイアントサブのお値段は、選んだ具材により変わります。選んだ具材4つのフットロング価格を合計したものになりますので、一番安いベジーデライトのみなら2400円、一番高いローストビーフだけで作ると4640円。値段の幅、広いですね(・∀・)

ジャイアントサブを食べてみた!(更新予定)

サブウェイファンとして一度は食べてみたい「ジャイアントサブ」。8人前というだけあり、なかなか食べる機会がないんです。。

友達を集めて「ジャイアントサブパーティー」してみたいなぁ。購入した際にはまた写真をUPします。

 

ついでに、元サブウェイ店員の、ジャイアントサブの思い出。

私がサブウェイで働いていた間は、ジャイアントサブを作る機会がありませんでした。

一度作ってみたかったんですが、めったに注文が入らないんです。

社員さんに聞いてみると「1年に1度入るか入らないか」だと言ってました(笑)

いつ注文が来てもいいように、社員研修では必ず作るらしいです。ジャイアントサブを作れるスタッフは社員さんだけかもしれませんね。

パーティートレイ

ジャイアントサブより気軽に注文できる、パーティートレイのご紹介はこちら。

サブウェイの「パーティートレイ」とは

サブウェイの「パーティートレイ」について詳しくご紹介します。
クリスマスやお誕生日会などのパーティーに便利。作るのに時間がかかるため、予約推奨です。

パーティートレイとは

「パーティートレイ」は、サブウェイのサンドイッチをトレイに詰めた、パーティー用の持ち帰りメニューです。

内容は、フットロングのサンドイッチ3本。メニューから好きなサンドイッチを3つ選べます。

値段は注文したサンドイッチの価格に準じます。注文したサンドイッチ3本の合計金額となるので、特別おトクではないですが、トレイ代が別にかからないのは嬉しいですね。

パーティートレイは予約必須?

パーティートレイは予約なしでも買うことができます。ただし作るのに時間がかかるため、かなり待つことも。スムーズに購入したいなら事前予約推奨です。

できれば1日以上前に電話をしておくと確実。当日でも早めに電話をしておけば待ち時間が少なくなりますよ。

パーティートレイは野菜増減できる?

パーティートレイのサンドイッチは、通常と同じで野菜の増減ができます。もちろんドレッシングの変更やトッピングもOK。

サンドイッチはカットしてもらえる?

パーティートレイのサンドイッチは、基本的には1本を4等分にカットしてトレイに詰めます。

特に指定がない場合はこの切り方になりますが、カット無し希望や、1本を3等分に などの要望にも対応してくれます。予約の際、事前に伝えておきましょう。

さらに小さく切ってほしい、という場合もあると思うのですが、1/4カットくらいまでがキレイに切れるサイズですね。それ以上小さいと崩れてしまうので、断られる場合もあります。

パーティートレイより大きい「ジャイアントサブ」って?

サブウェイのパーティー用メニューで、パーティートレイより大きい「ジャイアントサブ」というメニューがあります。1本で8人分という超特大サンドイッチ。(要予約)

詳しくは別記事にまとめました。

サブウェイのサラダ(パン無し)について

サブウェイのメニュー「サラダ」について詳しくご紹介します。低糖質・低カロリーでダイエットにおすすめですよ♪

サブウェイのサラダとは

サブウェイには、サンドイッチの他に「サラダ」というメニューがあります。

よく「サブウェイにはパン無しができる」なんて言われたりしますが、「サラダ」はサンドイッチのパン無しではなく、れっきとしたメニューのひとつなのです。

サンドイッチと比べ、カロリーが180kcalほど抑えられます。糖質も少ないので、低糖質ダイエットをしている方にはぴったりですね。

サブウェイのサラダメニュー

サブウェイのサラダメニューは、サンドイッチと同じ。値段もレギュラーサイズのサンドイッチと一緒です。

  • ローストビーフ 580円
  • えびアボカド 490円
  • BLT 410円
  • サブウェイクラブ 540円
  • 生ハム&マスカルポーネ 520円
  • ローストチキン 410円
  • チーズローストチキン 490円
  • ターキーベーコンエッグ 490円
  • 照り焼きチキン 490円
  • ターキーブレスト 450円
  • ロースハム 430円
  • ツナ 430円
  • たまご 390円
  • アボカドベジー 390円
  • ベジー&チーズ 340円
  • ベジーデライト 300円

この他、期間限定のフェアメニューもサラダになります。

サブウェイのサラダの内容

サブウェイのサラダの内容は

  • レタス:サンドイッチに入る量の4倍(80g)
  • その他の野菜と具材:サンドイッチと同じ量
  • ドレッシング:好みのものを選べる
  • トッピング:サンドイッチと同じく、有料でトッピングOK

基本はサンドイッチと同じですが、レタスの量のみ違います。レタスは80g、サンドイッチに入る量の4倍になります。パンの代わりがレタスっていうイメージですね。

サラダの野菜は増量できる?

サラダの野菜の増量は、基本的にはサンドイッチと同じです。

 

  • 野菜1種類増量・・・基準量の約2倍
  • 野菜2種類以上増量・・・基準量の約1.5倍

 

ただし、レタスの増量のみ、ちょっと控えめになるようです。2倍の160gだとサラダ容器に入らないくらいになっちゃいますからね。

 

写真はえびアボカドサラダです。野菜全部多めでお願いしたら、かなりたっぷり入れてくれました。

サラダのドレッシングは何がおすすめ?

サンドイッチにはおすすめドレッシングがありますが、サラダはお客さんに好みのドレッシングを選んでもらうシステムになっています。

レタスがメインのため、甘い系のドレッシングだとあまり合わなかったりするので注意が必要。

サラダと相性が良いドレッシングは

などです。

バジルソースは単体だと味が強いので、マヨネーズを合わせるとマイルドになります。他にもドレッシング2種類ミックスは自由にできますよ。好きな組み合わせを試してみるのも楽しいですヽ(=´▽`=)ノ

サラダのドレッシングは別にしてもらえる?

サラダのドレッシングは、イートイン時はかけて提供されます。ただしテイクアウトにすると、別の容器にプラカップで入れてくれます時間が経っても野菜がベチャッとならなくて安心ですね。

この対応はサラダのみ。サンドイッチのドレッシングは別添えができません。(オイル&ビネガー除く)

サラダはにセットは付けられる?

サラダにもサンドイッチと同じように、ドリンクセットやポテトセット、スープセットを付けられます。ただし、「日替わりセット」「平日限定お得セット」は対象外です。

また、クーポンも対象外
せっかくメルマガのクーポンがあっても、サラダには使えないんです。ちょっと残念。
今後はサラダに使えるクーポンが出るといいなぁ、と期待してます。

サブウェイのサラダの食レポはこちら

サブウェイの「ピザサブ」

サブウェイの一部店舗限定メニュー「ピザサブ」についてご紹介します。

ピザサブとは

ピザサブ」は、サンドイッチのサブウェイが作る「ピザ」のようなメニュー。

  • サラミチーズ
  • えびバジル

の2種類があり、2017年現在、一部店舗限定で販売されています。

ピザ生地のかわりにサブウェイのパンである「フラットブレッド」を使い、サンドイッチに使われる具材とソースを使って作られています。

ピザサブ「サラミチーズ」

  • 価格;450円
  • カロリー;413kcal
  • 内容;トマトソースにオニオン・ピーマン・トマト・サラミ・とろけるチーズ

ピザサブ「えびバジル」

  • 価格;450円
  • カロリー;454kcal
  • 内容;バジルソースにオニオン・ピーマン・トマト・えび・とろけるチーズ

ピザサブの販売店舗は?

「ピザサブ」は、最初のうちは沖縄限定で販売されていたのですが、現在は全国に取扱店舗が広がりました。

ただし、販売店舗の情報は、公式サイトには掲載されていません

季節によっても変わるので、店舗に直接行くか電話で問い合わせるかしないと、ピザサブをやっているかどうかは分からないようです。

私のよく行く店舗ではやってない…。一度食べてみたいです。また出会えたら食レポ追加しようと思います!

サブウェイのお子さまメニュー「キッズセット」

サブウェイのお子さまメニュー「キッズセット」についてご紹介します。

サブウェイのキッズセットは店舗限定

サブウェイには「キッズセット」というお子さまメニューがあります。キッズセットは一部店舗限定で実施されています。お子さまがよく来るようなショッピングモール内店舗では、キッズセットをやっていることが多いですね。

キッズセットの内容

サブウェイのキッズセットは以下の4種類。価格は全て420円です。

  • キッズサンドセット たまご
  • キッズサンドセット ハム&チーズ
  • キッズサンドセット てりやきチキン
  • キッズサンドセット ツナ

セット内容は

  • レギュラーの1/2サイズのサンドイッチ
  • キッズドリンク
  • ポテトS
  • プチゼリー3個
  • サブウェイオリジナルおりがみせっと

です。ポテトにゼリー、おもちゃまで付くなんてなかなか豪華ですね。値段のわりに充実した内容だと思います。

なお、キッズセットのサンドイッチに入る野菜は「レタスとトマトのみ」となります。

キッズセットに年齢制限はない

サブウェイのキッズセット、何歳まで頼めるの?

調べてみたら、年齢制限はないようです。つまり何歳でもOK。

持ち帰りのあるお店ですからね、持ち帰りで購入したのが大人だからといって断れないというのが理由かもしれません。

サブウェイファンとしては「サブウェイオリジナル折り紙」欲しさにキッズセットを頼みたくなります…!