サンドイッチが水っぽくなるのを防ぐ方法(テイクアウト)

シェアする

スポンサーリンク




サンドイッチが水っぽくなるのを防ぐ方法

サブウェイのサンドイッチが水っぽくなるのを防ぐ方法をいくつかご紹介します。買ってから食べるまでに時間がかかる場合に試してみてください!

オイル&ビネガーを選ぶ

サブウェイのドレッシングは「オイル&ビネガー」のみ、持ち帰り用のポーションパックがあります。味付けにオイル&ビネガーを選べば、後からかけられますよ。

くわしくはこちら→「オイル&ビネガー 塩こしょう

ドレッシングをかけない(家にあるものを後でかける)

サンドイッチを自宅に持って帰って食べる場合、ドレッシングなしで注文して、家にあるサラダのドレッシングをかけるという手があります。

ドレッシングをかけると塩分で野菜の水が出てしまいがち。かけないほうが断然、美味しさ長持ちですよ。

サブウェイにはない新しい味を作り出せるというのも面白いです。

とろみのあるドレッシングを選ぶ

なるべくとろみのあるドレッシングを選ぶ方が、水分が出にくくなります。

この3つは比較的水っぽくなりにくいですね。

わさび醤油とシーザーは水分が出やすいので、かけた場合は早めにいただきましょう。

具材が冷たいサンドイッチを選ぶ

具材の熱は、野菜の水分を引き出す要因。

  • ローストチキン
  • BLT(ベーコン)
  • てり焼きチキン

この3つは具材を加熱してからサンドイッチに挟むので、水っぽくなりやすいです。

長時間持ち歩く場合は、それ以外のサンドを選ぶといいですよ。

また、パンのトーストもしない方がおすすめです。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする